ハースF1チーム、ハンガリーGPでのアップグレードはマグヌッセンのみ
ハースF1チームは、今週末のF1ハンガリーGPでケビン・マグヌッセンだけにアップグレードパッケージが与えられることを確認した。

元々はフランスで導入されることが計画されていたサイドポッドとフロアに焦点を当てているとされる新しいパーツは、ハースF1チームにとって2022年で最初のメジャーアップグレードとなる。

しかし、ハースF1チームがハンガリーグランプリに向けて2台のための十分なパーツを生産できなかったため、ミック・シューマッハにはアップグレードされた車は与えられない。

現在、ハースF1チームは、コンストラクターズチャンピオンシップで7位に位置し、シーズンの最初の12レースで34ポイントを獲得している。

これらのポイントの大部分はケビン・マグヌッセンが獲得し、ドライバーランキングで上位に位置しているので、マグヌッセンにアップグレードされた車が与えられる。また、ミック・シューマッハは、パーツの生産の妨げとなるマシンを大破されるクラッシュを2回起こしている。

「多くの人が知っているように、我々はまだペースが良いと思うので、アップグレードをトラックに持ち込むのを少し待った」とハースF1チームの代表を務めるギュンター・シュタイナーは語った。

「今、我々がやりたいのは、パフォーマンスをもたらすことだ。正確に何をするのか、私はそれをジンクスしたくないので言いたくはないが、我々は開発で何をすべきかを分かっている」

「パッケージから何が得られるかを待つ必要がある。結局、2台のカーキットをレーストラックに入れることができなかったので、チャンピオンシップでケビンが前にいるので、我々は彼にパッケージを与えることにした」

「残念ながら、開発段階で少し遅れがあったため、フランスGPからハンガリーにそれを延期した」

「また、シーズン序盤の7戦~8戦までのスペアの状況によって生産が少し遅れたため、2台の車のための十分な部品がない」

「我々は1台の車のためにスペアパーツに苦労しているので、それを完成させてハンガリーに持ち込むことができることを願っている」

ミック・シューマッハは、アップグレードされた車を与えられないが、ハンガロリンクで力強いパフォーマンスを発揮することを期待している。

「僕たちはここで実際にかなり強いことを期待している」とミック・シューマッハは語った。

「去年はある程度強かったし、あの場所に行くのを快適に感じている。いつも暖かくて気持ちがいいし、僕たちの車にかなり適していると思う」

「ラップはかなり短く、ラップとコーナーがたくさんあるので、休む機会がほとんどない。つまり、集中レベルをかなり高くする必要がある」

「私はいつもあの場所に行くのを楽しんでいる。F2とF3を通して楽しんだので、今年戻って、力強い結果が得られることを楽しみにしている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ハース / F1ハンガリーGP