ハースF1チーム代表、アンドレッティのF1への批判的な発言を疑問視 「何を達成しようとしているのか分からない」
マイケル・アンドレッティは、エントリーフィーを2倍にして4億ドルを支払ったとして、F1グリッドを確保するには不十分かもしれない。

1993年にマクラーレンのF1ドライバーを務めた経験のあるマイケル・アンドレッティは、現在、アメリカで最も有名なモータースポーツ帝国を築いている。

それでも、F1、FIA(国際自動車連盟)、およびほとんどの既存F1チームは、11番目のチームへのパドックゲートを開くことに熱心ではない。

しかし、ルノーが所有するアルピーヌは、エンジンおよび技術パートナーとしてアンドレッティと協力することを申し出た。

「我々はマイケルと話をしたが、まずは彼がF1に入ることができなければならない」とアルピーヌF1チームの代表を務めるオトマー・サフナウアーはSpeed Weekに語った。

当初、ニューカーマーには2億ドル(約274億円)の莫大な料金が必要だったが、ライバルチームは現在、希薄化する収入を補うにはそれでは十分ではないと語っている。

スイスのBlickに寄稿しているベテランジャーナリストのロジャー・ブノアは、エントリーフィーを2倍にして4億ドルにするだけでは不十分だと考えている。

F1のレジェンドであるマリオの息子であるマイケル・アンドレッティは、GQマガジンとの最近のインタビューで、F1を「非常にお高く灯ったアプローチ」を備えた「ヨーロッパのクラブ」と表現し、フラストレーションを表明した。

現在のF1で唯一のアメリカF1チームであるハースF1チームの代表を務めるギュンター・シュタイナーは、この発言をしたマイケル・アンドレッティを口撃した。

「彼がそのようなコメントで何を達成しようとしているのか分からない」とギュンター・シュタイナーはオーストリアで語った。

「彼にライセンスを与えるかどうかは、我々の決断ではありません。意見はあるが、決断はできないと思う」

「彼がFIAとFOMに何を提示したかは分からないが、私の意見では、そういったコメントは建設的なものではない。だが、人は自分の選択によって生きている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ハース / アンドレッティ