ハースF1代表 「モナコグランプリが毎年開催されなくても問題はない」
ハースF1チームの代表を務めるギュンター・シュタイナーは、モナコGPが毎年のF1カレンダーのスポットを失ったとしても「問題はない」と語る。

F1のオーナー企業であるリバティマディアは、最近の急成長を利用して、スポーツは拡大し、新しい場所をもたらしている。今年は初めてマイアミを訪れ、2023年にはラスベガスグランプリがデビューする。サウジアラビアとカタールも最近F1カレンダーに追加されている。

F1のCEOであるステファノ・ドメニカリは、シーズンにさらに多くのレースを詰め込みたいという願望を隠そうとしていないが、現在のコンコルド協定は少なくとも2025年までその数を24に制限している。これは、より多くの新しい会場が導入されるにつれて、伝統的ないくつかの会場がスポットを失う可能性に直面している。

これには、かつてF1の最高峰だったモナコグランプリが含まれているが、ファンやF1担当者の間ではもはや神話的なステータスを保持していない。公国のストリートサーキットは現代のF1マシンには狭すぎ、近年のレースは一般的にほとんどアクションのない行列レースとなっている。

このような歴史的なレースを失うことは恥ずべきことだと信じている人もいれば、先に進み、少なくともモナコへの旅行を隔年で行う時期だと考えている人もいる。ギュンター・シュタイナーは後者のグループの1つであり、さまざまなエクスペリエンスを提供し、あらゆるタイプのF1ファンが楽しめるようになった現代のカレンダーを賞賛している。

「今日、カレンダーは多くの異なるフェーズで構成されている」とギュンター・シュタイナーは Motorsport Magazinに語った。

「すべてが常に同じように見えた80年代や90年代とはレースはもはや同じではない。今では、我々は異なるアプローチが存在する可能性があることを理解している」

「たとえば、オースティンとマイアミを比較すると、これらのイベントは本質的に完全に異なるが、両方とも大きな注目を集めている」

「同時に、マイアミで見たものを再現しようとすべきではないと思う。そういったすべてがなくても、すでに十分な観客がいるからだ。速い車のレースを観戦するという1つのことだけを望んでいる真に高度なファンがたくさんいる。しかし、楽しいパーティーが好きな人もいる。そのような人がマイアミのようなレースに行くのは理にかなっている」

「今では一般の人々に選択肢があると思う。財政的に実現不可能なレースだけを失っている。しかし、F1の遺産は危険にさらされていない。そして、これらのクラシックレースの1つが1年か2年カレンダーから除外されても、また戻ってくることができるので、そこには何の問題も見られない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ハース / F1モナコGP