ハースF1チーム代表 「マグヌッセンはF1シートを失う恐れを捨てた」
ハースF1のチーム代表を務めるギュンター・シュタイナーは、F1シートを失うことへの恐れを捨てた“はるかに自信のある”新しいケビン・マグヌッセンについて語った。

F1から1年間離れていたケビン・マグヌッセンは、今シーズン、ハースF1チームに復帰。以前に所属してときよりもはるかに競争力のあるVF-22を生かして目覚ましい結果を出している。

シーズンの終わりにハースF1チームを去った2022年に1ポイントしか獲得できていなかったケビン・マグヌッセンだが、今年はすでに15ポイントを獲得している。

米国で耐久レースに1年間を費やしていたケビン・マグヌッセンは、プレシーズンテストの数日前までF1に戻ることすら知らされていなかった。

ギュンター・シュタイナーは、ケビン・マグヌッセンとロマン・グロージャンが新人のミック・シューマッハとニキータ・マゼピンと交代するためにもはやサービスが必要ないと言われた2022年もしくはそれ以前でさえあった心配を解消したと考えている。

「彼が以前に未熟だったとは思わないが、成長したと思う」とギュンター・シュタイナーは語った。

「彼は29歳で、まだ若く、今シーズンの初めにチームに戻ったとき、我々は彼がはるかに自信を持っていることに気づいた」

「我々との以前の経験では、彼はF1での地位を失うことを恐れて生きていたと思う。だが、実際にそれから抜け出し、そのような恐れはもはやない」

ニキータ・マゼピンがロシア情勢によって追放された後、他のドライバーではなく、ケビン・マグヌッセンの復帰を求めたのはドライバーにとってブーストでもあった。

「二次的ではないと思う別の側面がある。彼はシートを探していなかったが、我々は彼に電話した」とギュンター・シュタイナーは付け加えた。

「それはプロのドライバーにとってやりがいのあるステップだと思う」

「当然ながら、バーレーンでの復帰戦での彼が得た結果(5位入賞)も彼の有利に働いた。彼はある意味でヒーローとなり、今日の彼の心は平和で安心している」

「より多くのコミュニケーションをとるケビンを見ると、彼はチームとのやりとりに自信を持っている。だが、ドライバーとしては以前と同じだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ハース / ケビン・マグヌッセン