ハースF1チーム、7月までVF-22へのアップデート投入を待機
ハースF1チームは、2022年F1マシンVF-22へのアップグレード投入は7月になる可能性があると語る。

今年は、すべてのF1チームが1億4000万ドルの予算上限の下で競争している。つまり、以前のシーズンに比べて開発コストをより厳密に管理する必要がある。

ハースF1チームは、2022年シーズンの開幕戦でメジャーアップグレードを導入していない。最近、チーム代表のギュンター・シュタイナーはペースを大幅に向上させるためにアップグレードを希望すると主張していた。

ヨーロッパラウンドの緒戦となるバルセロナは伝統的にF1チームが最初のメジューアップグレードをもたらす場所となっている。

しかし、ハースF1チームは今週末、新しいパーツを持ってスペインに到着することはない。ギュンター・シュタイナーは、チームがアップグレードを製造して搭載する前に、さらにいくつかのイベントを延期していると語る。

「通常、スペインはアップグレードをもたらすための明白な場所であり、かなりの数のチームがアップグレードを計画していると思う」とギュンター・シュタイナーは語った。

「彼らが各車にどれほどの違いをもたらし、何をもたらすのかは分からない」

「我々は、アップグレードをもう少し待つことにした。それでも、そのトラックに必要なアップグレードがなくても、車のパフォーマンスはあると思っているし、達成することもあれば、達成しないこともある」

「今後4~5レースで良いアップグレードパッケージがあり、それについて自信を持っている。他のアップグレードもある。現時点では分からないが、来週の月曜日にはもっと多くのことを知るだろう」

ハースF1チームは、ケビン・マグヌッセンがオープニング4レースのうち3レースでトップ10に到達したが、前回のマイアミGPでポイントを獲得できなかった。

ギュンター・シュタイナーは、マイアミでの結果が期待外れだったことを認めながら、今週末のバルセロナでより強く挽回するためにチームを支援した。

「予選とレースの両方で非常に残念だったが、我々はポジティブなままでいる必要がある」とギュンター・シュタイナーは語った。

「良い点は、車が良いことだ。タイヤを適切に機能させるために、適切なセットアップを行う必要があるだけだ。車はまさにそのレベルにある」

「マイアミでのレース中に見られたように、セーフティカーが出てからフォールバックするまでポジションを上げていた」

「我々が良いマシンを持っていること、そして、我々が望んでいるポイントを書くときできると自信を持ち続けることが、我々が焦点を合わせなければならないことだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ハース / F1スペインGP