F1チーム、ハースとフェラーリの同盟についてFIAにアプローチとの報道
スクーデリア・フェラーリとハースF1チームのアライアンスについて3つのF1チームがFIA(国際自動車連盟)にアプローチしたと噂されている。

ハースF1チームが2022年F1シーズンに素晴らしいスタートを切ったことで、スクーデリア・フェラーリとハースF1チームのアライアンスが再びスポットライトを浴びている。

昨年、ハースF1チームはシーズンを通してバックマーカーだったが、今年は一貫してポイントに挑戦しており、メルセデスF1よりもストレートスピードで速いように見える。

スクーデリア・フェラーリ自身の改善と並行して発生したこのパフォーマンスの向上を考えると、特に車のデザインの類似性に関して、2つのチーム間で共有される情報量について再び疑問が投げかけられている。

どの3チームがFIAに連絡したとかは不明だが、Auto Motor und Sportによると、マクラーレン、アストンマーティン、アルピーヌ、メルセデスが主な容疑者ということだ。

風洞での時間の増加や新しいレギュレーションに集中するための2021F1シーズンの犠牲など、ハースF1チームの改善には論理的な説明があるが、チームは引き続き疑問を抱いている。

メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、この状況と、当時レーシングポイントとして知られていたアストンマーティンがメルセデスF1の風洞を使用したときとの比較を提起した。

「改革が必要だと思う」とトト・ヴォルフはチーム協力ルールについて述べた。

「我々は、過去数日または過去数週間の論争となっている現在のようなこの種の議論を避けたいからだ」

「誰もが良いパフォーマンスを発揮する値するが、人々は良い仕事をしたときに信用を得る必要がある」

「同じ敷地内でのジョブホッピングやエンティティホッピングの中には、スポーツに必要のない議論を生み出しているだけのものもる」
「我々に関しては、2年前に風洞にアストンマーティンがいたのは確かだ。それは混乱した状況だった。細心の注意を払って対応してきた」

「しかし、将来的には、たとえば収入能力を妥協する必要がある場合は、それを進める必要がある。今日いくつかのチームで見られるような方法でチームが協力できないはずだからだ」

当時レーシングポイントのチーム代表だったが、現在はアルピーヌF1チームを監督しているオトマー・サフナウアーは、ハースF1チームの改善は「少し驚くべきこと」だと語った。

「小さなチームが冬の間にうまくいった。最下位チームが時に3番手に速いチームであることは少し驚くべきことだ」とオトマー・サフナウアーはGPFans.comに語った。

「私がF1に参加してきた何年にもわたって、勢力図はほぼ同じだったと思う。一般的に、大きなレギュレーションの変更では、レギュレーションの変更が大きければ大きいほど、新しいルールを実際に活用するためのノウハウとインフラストラクチャおよびツールを備えた人々に有利になるからだ」

「したがって、ハースのような小さなチームのポジションは少し驚きだが、FIAが調査し、2台の車がどれほど似ているかについて正しい結論に達すると信じている」

ハースF1チームはマラネッロにあるフェラーリのファクトリーにあるオフィスで活動しているが、ギュター・シュタイナーはフェラーリF1チームの誰も彼らの建物に入ることができないと主張した。

「あなたが知っている、これらの主張は常に存在し、常にそうなるでしょう。落ち着いて」と彼はF1-Insider.comに語った。
「そういった主張は常に存在していたし、これからも存在するだろう。私は落ち着いている」とギュンター・シュタイナーはF1-Insider.comに語った。

「我々が良ければ、彼らは我々の車を“白いフェラーリ”と呼ぶ。だが、私たちが悪いときはそうではない。私はそれが馬鹿げたことだと気づき始めている」

「妬みのために一生懸命働かなければならない。無償の同情を得るためにね。他の人たちが羨望の的にしてくれることを願っている。それは我々がとても良い仕事をしたことを意味するからだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ハース / フェラーリ