ミック・シューマッハ 「あと5~10分あれば予選に出走できた」 / ハース F1ハンガリーGP 予選
ハースF1は、F1ハンガリーの予選でニキータ・マゼピンが19番手、ミック・シューマッハはFP3でのクラッシュからマシンの修復が間に合わず、予選に出走することができなかった。

ミック・シューマッハ
「特にFP2とFP3でのマシンの感触は素晴らしかった。ウオールにヒットしてしまったのはとても残念だ。側面全体が壊れてしまい、修理して交換する必要があり、より多くの時間がかかってしまった」

「あと5~10分あれば、1周することができただろう。チームは物凄い仕事をしてきれた。クリーンな走りをしてタイヤをセーブできれば、いくつかポジションを上げられるかもしれない」


ニキータ・マゼピン(19番手)
「今年の最もホットな予選のひとつだった。それはタイヤにまったく助けにならなかった。ただ溶けていくだけだ。それを除けば、3回のとても一貫性のあるラップだったし、クリーンな週末を過ごせている。マシンからより多くを引き出すのが難しいポイントまで来ている。ダウンフォースが不足していることで常にスライドしてかなり難しかった。レーシングドライバーにとってターン1やターン2のようなチャンスがいくつかあるけど、それ以降はマネージングのレースになる。路面温度は高くなると予想されているし、70周のレースには優しくはない」

ギュンター・シュタイナー(チーム代表)
「我々にとってかなりエキサイティングな予選だった。ミックがコースオフしてマシンが酷く損傷するまでFP3はすべてが順調に進んでいた。チームは修復を試み、あと少しだったし、ほぼ完了していた。だが、彼らは素晴らしい仕事をした。それを実現しようとしてくれたみんなには脱帽だ。結局、ミックを再びコースに出すには数分足りなかった。予選はにニキータだけとなり、彼はできる限りのことをして土曜日は終わった。今週末は興奮に事欠かない。正しい理由ではないがね。だが、そういうものだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ハース / F1ハンガリーGP / ミック・シューマッハ / ニキータ・マゼピン