ハースF1代表、ミック・シューマッハのアルファロメオ移籍の噂を否定
ハースF1のチーム代表を務めるギュンター・シュタイナーは、チームがミック・シューマッハを失う可能性があるとの報道を否定する。

ハースF1とフェラーリの間の緊密な関係にもかかわらず、フェラーリは、アルファロメオをミック・シューマッハがF1のコツを覚えて一人前になるためにより良い場所と見なすかもしれないと報じられている。

水曜日には、ザウバーとアルファロメオの間のネーミング契約の“複数年”延長が発表されており、2022年以降もフェラーリとの関係を維持していくことが決定している。

同時に、キミ・ライコネンの2022年のシートは不確実に見える。

「誰もがキミが好きだ」と元ドライバーのマルク・スレールは Blick に語った。

「彼は今でも最大のファンベースの1つを持っている。しかし、彼の時間は単純に尽きてきている」

そのため、2022年にアルファロメオでミック・シューマッハとアントニオ・ジョビナッツィのペアリングは可能だと考えられているが、チーム代表のフレデリックヴァスールは「急いでいない」と主張する。

しかし、ハースF1のギュンター・シュタイナーによれば、それはすべて“噂”に過ぎないと語る。

「これはF1だ。それを忘れてはいけない」とギュンター・シュタイナーは RTL に語った。

「現時点では、我々は来年も同じドライバーのペアリングになりそうだ。まだいくつかの詳細を明確にする必要があるが、それ以外はすべて明確だ」

ギュンター・シュタイナーは、ハースF1に残留することは、22歳のミック・シューマッハにとってもベストだと考えている。

「ミックにとっては同じチームにとどまることが重要だ。彼に少し安定させるためにもね」とギュンター・シュタイナーは主張した。

「彼は今、我々の人々、我々のプロセスを知っている。彼も我々のチームの一員でいることを気に入っていると思う」

「だから、彼が我々と一緒にいない理由はない。彼の側も同じだと思う」

また、ギュンター・シュタイナーは、ハースF1が来年アルファロメオとホイール・トゥ・ホイールのバトルができる立場にあるかもしれないと考えている。

「我々は今よりも良いマシンを手に入れるだろう」とギュンター・シュタイナーは語った。

「どれだけ良いか、まだわからない。だが、OKだと確信している」

「現時点では、我々がアルファロメオほど優れていることを否定するものは何もない。だが、彼らもそれに一生懸命取り組んでいると確信している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ハース / ミック・シューマッハ / アルファロメオ・レーシング