ピエトロ・フィッティパルディのF1スーパーライセンスは? / ハース F1サヒールGP
ピエトロ・フィッティパルディは、前戦F1バーレーンGPでマシンが炎上するクラッシュを喫したロマン・グロージャンの代役として今週末のF1サヒールGPでハースF1チームからF1デビューを果たす。

しかし、ピエトロ・フィッティパルディの記録を一目すると驚くべき詳細が明らかになる。彼は過去3年間の大会で1レースも勝っていない。

では、ピエトロ・フィッティパルディは、F1でのレースを許可されるために必要な40点のF1スーパーライセンスポイントをどのように蓄積することができたのか?

24歳のピエトロ・フィッティパルディは、今年ハースF1の2人の公式リザーブドライバーの1人を務めており、もう1人のルイ・デレトラズは今週末はF2のレースがある。

ピエトロ・フィッティパルディは、2020年はバーチャルレースを除いてほとんどレースをしていない。しかし、彼は今年初めにF3アジアンシリーズに出場し、F1レースに出場するために必要な最後のスーパーライセンスポイントを集めることに成功していた。

ピエトロ・フィッティパルディは、2017年に毎ラウンド8名のドライバーだけという弱体化していたワールドシリーズ・フォーミュラV8 3.5でチャンピオンを獲得してF1スーパーライセンスを獲得するための最初の最大の一歩を踏み出した。このシリーズは、ルノーがその2年前に撤退するまでフォーミュラ・ルノー3.5として知られていた。

シーズン中、FIA(国際自動車連盟)は、翌年のフォーミュラV8 3.5のチャンピオンに授与されるF1スーパーライセンスポイントが20ポイントに削減されると発表した。しかし、シリーズはそれ以前に崩壊。ピエトロ・フィッティパルディは最後のチャンピオンになり、貴重な35点のF1スーパーライセンスポイントを獲得した。

2018年、ピエトロ・フィッティパルディは、インディカーとFIA 世界耐久選手権に並行して参戦する。しかし、インディカーのレースを1回だけスタートし、フェニックスのオーバルで23位でフィニッシュした後、スパ6時間のプラクティス中に足を骨折するクラッシュに見舞われ、スーパーライセンスポイントを追加するチャンスを犠牲にした。

クラッシュの前に、ピエトロ・フィッティパルディはすでにチームでの役割についてハースF1と話し合っていた。そして、11月、彼は2019年のハースF1のテストドライバーの1人として発表された。

2019年は競争が激しいDMTにアウディから参戦。だが、わずか6ポイントの獲得でランキング15位でシーズンを終え、2年連続でF1スーパーライセンスポイントを加算することができなかった。

しかし、12月に開催されたFIA世界モータースポーツ評議会の会議で重要な判決が下される。彼らは、ピエトロ・フィッティパルディが2017年に獲得したポイントをクラッシュした年である2018年に移すリクエストを承認した。それがF1デビューのために必要なポイントを獲得する機会を広げた。

2019-20年のオフシーズンに参戦したF3アジアシリーズは、有益な機会を提供した。2017年にフォーミュラV8 3.5のタイトルを獲得したときよりも遅いマシンで、ピエトロ・フィッティパルディはF1スーパーライセンスポイントのしきい値に到達するためにランキング5位以内でシーズンを終えればよかった。

しかし、うまくは始まらなかった。技術的な問題で第1戦のセパンではノーポイントに終わった。第2戦ドバイでは2レースを7位で終えた後、笹原右京との接触でフロントウイングにダメージを負ったことが原因でノーポイントで終わった。第3戦ヤス・マリーナで、フィッティパルディは4位、5位、5位でレースを終えた。

15レース中9レースが終了した時点で、ピエトロ・フィッティパルディはランキング6位になり、4点のF1スーパーライセンスポイントという状況だった。だが、まだ合計で39ポイントであり、あと1ポイント足りなかった。

その後、予期せぬことが起こった。新型コロナウイルスの世界的な大流行だ。

ポイントランキングをリードしていたデブリン・デフランチェスコは、新型コロナウイルスへの懸念を理由にシリーズから撤退。同じくフィッティパルディの前にいたセバスチャン・フェルナンデスも撤退した。

だが、第4戦セパンを4位、5位、5位で終えたピエトロ・フィッティパルディは、デブリン・デフランチェスコとセバスチャン・フェルナンデスが不在でも6位のままだった。

だが、最終大会で、ピエトロ・フィッチパルディはついにシーズン初表彰台となる3位を獲得する。残りの2レースを4位と10位で終えてポイントを加算したことで、Wシリーズチャンピオンのジェイミー・チャドウィックに上回られたものの、デフランチェスコとフェルナンデス抜いてランキング5位に浮上した。

これで6点のF1スーパーライセンスポイントを獲得したピエトロ・フィッティパルディは、晴れて合計41点となり、F1で走るために必要なしきい値を超えた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ハース