ハースF1 「ニコ・ヒュルケンベルグとは交渉していない」
ハースF1のチーム代表を務めるギュンター・シュタイナーは、2021年のシートについてニコ・ヒュルケンベルグと積極的に交渉はしていないと語る。

先週、ハースF1が2021年にロシアから大金を持ち込むニキータ・マゼピンとフェラーリのジュニアドライバーの一人を起用してドライバーラインナップを一新させるとの噂が加速した。

ハースF1のチーム代表であるギュンター・シュタイナーは「ここ数週間、ニコとは話をしていない」と Sport1 に語った。

「チームとして、人々にアプローチする前に、我々が何を望んでいるのかを知る必要がある。ニコはF1で非常にリスペクトされており、彼が何ができるかを知っているが、我々にとって何が最善かを知る前に人々と話をするのは不誠実だ」

ギュンター・シュタイナーは、F1ロシアGPの週末にニキータ・マゼピンの裕福な父親であるドミトリー・マゼピンと会談したことを認めている。

「マゼピン氏は息子をF1で走らせることを望んでいる。そして、彼の息子はおそらくそれ以上のものを望んでいる」とギュンター・シュタイナーは認める。

「しかし、まずは我々がどこに行きたいかを決めなければならない。それから、我々は我々との協力に興味がある人で座らなければならない」

また、ギュンター・シュタイナーは、エンジンサプライヤーであり、技術パートナーでもあるフェラーリが、ミック・シューマッハ、カラム・アイロット、ロバート・シュワルツマンというジュニアドライバーのためにシートを要求しているとの噂も否定しない。

「我々はフェラーリと非常に緊密な関係にあるため、F2からドライバーを引き抜くとすれば、フェラーリドライバーということになるだろう」とギュンター・シュタイナーは語った。

現在、フェラーリで最も傑出しているジュニアドライバーはミック・シューマッハだ。

「私は間違いなくそれに反対しないだろう」とギュンター・シュタイナーは語った。

「シューマッハをF1に戻したいと思わない人などいるだろうか? 特に現在の彼のパフォーマンスを考えればね」

「しかし、フェラーリが誰を送るかについての決定は、我々ではなくフェラーリ次第だ。どちらが欲しいかは言えるが、フェラーリがジュニアドライバーとどのよな契約しているかはわからない」

「私はニコやフェラーリと同じようにマゼピン氏とも話している」

「多くの話し合いがあり、将来に備えて準備しなければならないし、同じドライバーを維持するかどうかを全員に発表する必要があるため、すぐに決定する必要がある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ハース / ニコ・ヒュルケンベルグ