ハースF1 「セバスチャン・ベッテルが加入してくれるなら大歓迎」
ハースF1のチーム代表ギュンター・シュタイナーは、2021年に4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルがチームに加入してくれるなら大歓迎だと冗談交じりに語る。

今季限りでフェラーリF1を離脱することになったセバスチャン・ベッテルは、2021年の去就がまだはっきりしていない。ベッテルとフェラーリF1の間には様々な噂が報じられてきたが、シーズンが始まり、ベッテルはそれらの噂をひとつずつ打ち消している。

その一つが、セバスチャン・ベッテルがフェラーリF1のシートを失ったのは、あまりに多くのお金を要求したというものだった。

「でたらめだ!(Schwachsinn!)とセバスチャン・ベッテルは Osterreich に語る。

「お金はまったく問題ではなかった。もし財布をいっぱいに満たしたいだけなら、すでにシートを手に入れているだろう。でも、今はすべてのトピックを排して進みたいと思っている」

メルセデスF1は、2021年のセバスチャン・ベッテルへのドアを閉めたが、ベッテルは古巣レッドブルのヘルムート・マルコに電話したことを明らかにしている。

「まだヘルムートと仲良くしているし、彼にアドバイスすることを求めた。でも、『ヘルムート、僕のための場所はある?』と聞いたわけではない」

レッドブル・ホンダ加入のドアは閉じたかもしれないが、アストンマーティンF1という可能性もないわけではない。

「僕は自分自身に十分に正直だ。『それでおしまいかもしれない!』と言えるかもね」

1つのオプションは、1年間のサバティカルだ。33歳のセバスチャン・ベッテルは「現時点では何でも可能だ」とし、「なぜ自分が外部からプレッシャーを受けなければならないのかわからない」と語る。

「妥当なものがあれば、興味があるけど、そうでない場合はやらない。でも、シーズンを確実に終えるつもりだ」とセバスチャン・ベッテルは付け加えた。

セバスチャン・ベッテルが2021年にF1キャリアを維持したい場合、ギュンター・シュタイナーはハースF1チームとして歓迎すると語る。

「ベッテルは4回のF1ワールドチャンピオンだ。だが、本当に彼は小さなチームで働きたいと思うだろうか?」とギュンター・シュタイナーはオーストリアで言った。

「私は彼が彼の人生で何をしたいのかはわからないが、彼が我々と何かをしたいのであれば、我々は彼と良い関係を持つに満足だ」

ギュンター・シュタイナーは、セバスチャン・ベッテルの論争は、今のF1界の意外なねじれであること語る。

「3~4チームが同じドライバーをめぐって争うこともあれば、1年前のニコ・ヒュルケンベルグのように素晴らしいドライバーが取り残されることもある」とギュンター・シュタイナーは語る。

「我々に関しては、ドライバーが見つからないのではないかという心配していません。ベッテルが市場に出ているね!」とギュンター・シュタイナーは笑った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ハース / セバスチャン・ベッテル