ハースF1:2020年 開幕戦F1オーストリアGP プレビュー
ハースF1は、2020年のF1世界選手権の開幕戦オーストリアGPにロマン・グロージャン、ケビン・マグヌッセンという布陣で挑む。

ギュンター・シュタイナー(チーム代表)
我々は全員が、現時点で世界で2つの大きな社会問題が浮き彫りになっていることを知っている。どちらも現在も進行中であり、注目されている。

1つはもちろん新型コロナウイルスのパンデミックであり、もう1つは人種差別だ。我々は非常に異なるそれら2つのことと戦う良い立場にいるし、立ち上がって、それらと戦うつもりだ。我々はこれを実行しているし、継続していく。

すべてにおいて常に良い面がある。私はさまざまな状況下でそれらを実現したいと思っていたが、チーム、F1、FIAの全員が協力するのはポジティブなことであり、我々は将来にむけてスポーツをより良いものにする方法を考えだした。将来、この時期のことを思い出し、忘れないことを願っている。3年後の自分のことだけを考えているのではなく、中長期的な将来のために、スポーツのために最善を尽していくことを願っている。

我々はできる限りの準備をしてきたと思っている。チームの全員がそこに戻って再びレースをしたいという強いモチベーションを持っている。彼らは家で座って次の出来事についてのニュースを待っているだけでなく、外に出て仕事をすることを望んでいる。ドライバーもトレーニングを続けていた。たとえば、ケビン(マグヌッセン)はたくさんのカートを走り、ロマン(グロージャン)はたくさんのシムレースをしていた。基本的に我々は準備ができているし、待つことはできない。

ある段階では継続するかどうかすらわからなかったので、感情はかなり高ぶっている。3月の世界はかなり急速に下り坂を進んでいるようだったが、4か月経った今、再びレースのために出かける。感情的に良い瞬間になるのは確かだろう。

1年で同じトラックで2回レースをすること、特に1週間ごとというのは新しい状況だ。どのように機能するかを確認する必要がある。最初の週末に多くのことを学ぶのは間違いないし、学んだことを2番目の週末に生かせせることを願っている。レースに復帰し、両方のイベントを最大限に活用できることを本当に楽しみにしている。

モータースポーツで30年を超えるかなり長いキャリアを過ごしているが、イベントにファンがいないのは私のキャリアで初めてのことだ。ファンはあらゆるイベントのバックボーンだ。残念ながら、今年もファンを再び迎えるためにはもう少し待たなければならない。彼らはきっと戻ってくると確信しているし、できる限り早く戻ってきてほしいと思っている。今それを行うことはできないので、彼らを歓迎する以上のことをしていく。我々がレースをするときにすべてのファンがテレビやインターネットでチャンネルを合わせ、機会が生じたときに戻ってくることを願っている。それを恋しく思っているのは確かだが、すぐに会えることを願っている。

ロマン・グロージャン
もちろん、妻と子供たちと過ごす時間があったし、一緒に過ごすことができたのは素晴らしいことだった。また、eスポーツチームを立ち上げ、シミュレーターで楽しみながらレースを始めた。とても楽しかったね。

体力的には今までよりも優れていると思う。もちろん、首を維持するのは難しいけどね。精神的にも非常に準備はできている。レースをすることを切望している。他チームのようにマシンを運転する機会はなかったけど、オーストリアでレースに戻るときに問題になるとは思っていない。

1つのレーストラックと1つのレイアウトだけなので、レッドブル・リンクでも特定のトラックと同じだ。オーストリアでの2つのレース後、クルマの挙動を評価することはできないと思う。好調なシーズンのスタートを切れるように、そこでうまく機能することを願っている。

(無観客レースは)非常に異なるものになるだろう。ファンのサポートを恋しく思っているし、グランドスタンドに彼らがいないのを恋しく思っている。彼らが週末にもたらしてくれる熱狂的な雰囲気を恋しく思っている。奇妙に感じるだろうし、異なるものになるだろうけど、誰もがそれに慣れるだろう。僕たちはレースをする。それが全員にとって重要だ。すぐに一般にドアを開いて、通常に戻れることを願っている。

ケビン・マグヌッセン
僕個人としては、1か所に数週間以上滞在し、同じベッドで眠り、目覚め、朝食に同じことをすることができたし、基本的に毎日のルーチンに入ることができたと思う。何年もできていなかったことだ。ずっと移動しているのをストップできたのは良いことだ。とは言っても、レースをしていないという事実を本当に補うことはない。したがって、良い点はあったけど、状況のすべてのマイナス点を上回ってはいない。また、学習の機会だったとも思っている。このような時間があると自分のことをよく理解できるようになる。例えば、自分がこのような日常生活を楽しめるとは知らなかった。ドライビングを恋しく思うだろうことはわかっていたけど、どれだけドライビングを恋しく思うかは気づかなかっただろう。それを感じることができて良かった。わかってはいたけどね。でも、いつもレースで忙しかった。

(準備について)あまりナーバスにはなっていない。例を挙げれば、レースをしていないこの時期に再びカートをしていた。長年もカートから離れていたけど、カートに戻って再びペースを上げるのにあまり時間はかからなかった。カートで活動してから約12年が経過していたけど、ほんの数回の走行で完全に取り戻すことができた。決して忘れることはない。毎日やっていた方が良かったけど、モータースポーツはそのようなスポーツではない。テニスやゴルフとは比較にならない。それらのアスリートは、数か月を逃した場合、毎日トレーニングしているプレーヤーと対戦するとトーナメントで苦労する。F1では、毎日マシンの中でトレーニングをする人はいないし、そこが違いだと思う。あまり多くの練習をせずに飛び乗ってすぐにペースを上げることに慣れている。それは誰にとっても同じことだし、それほど大きな要因ではない。

(2連戦は)メリットでもデメリットでもないと思う。もちろん、コーナーのスピード、状態、気温、ターマックなど、すべてのトラックでマシンについて多くのことを学ぶことができる。少し学ぶことは減るけど、他チームと比較して自分たちがどの位置にいるかを読んで、再びレースができるのは良いことだ

ファンの盛り上がりを再現する方法はない。敷地内にファンがいないため、とても静かで奇妙な雰囲気になるだろう。それが何であるかにせよ、僕たちはそれを最大限に活用するために努力しなければならない。僕たちはテレビで上映するために楽しくて面白いレースをすることを目指している。雰囲気は明らかに異なるだろうし、それほど良くはないだろうけど、個人的にマシンに戻ってレースに戻ることに非常に興奮している。ファンが僕たちをテレビで見て楽しんでくれることを願っている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ハース / F1オーストリアGP