ハースF1チーム、今シーズンの成績次第ではF1撤退も視野
ハースF1チームは、今シーズンの成績次第ではF1撤退を検討する可能性があると認める。

F1チームは、まだリバティメディアと2021年以降の新しいコンコルド協定を合意しておらず、ハースF1チームも自分たちがどの位置にいるかをより近いするまでまだサインするのを控えている。

ハースF1チームのオーナーであるジーン・ハースは「今シーズンがどのように始まるのか楽しみにしている」と語る。

「力強いスタートを切ることができれば、おそらく我々は続けることができる可能性があるかもしれない。だが、また悪い年となれば、あまり好ましくはない」

「我々はは5年間F1をやってきた。それは本当に試練だったでした。5年間やってきて、どのように進行するかを評価し、次に進むかどうかを決定する」

「戻ってこないとは言っているわけではない。評価する必要がある。しかし、さらに5年間それを行うことは、大きなコミットメントになる。とにかく挑戦だ。難しいスポーツであり、非常に高価なスポーツだ」

「時間がかかるものであり、競争するチームに多大なストレスをかける。上位4~5位に入らないチームにとっては、あまり有益ではない」

2021年に導入される新しいF1レギュレーションがどのように機能するかを知りたがっている多くのライバルとは異なり、ハースは完全に新しいマシンに費やされるコストに主に焦点を当てている。

「2021年に新たな規制が導入されることによる大きな疑問はそれがいくらになるかということだ」とジーン・ハースは語る。

「F1では非常に多くの変更が行わるので、これらすべての変更を実装しようとするのに実際に費用をかけるだけの価値があるかどうかを自問する必要がある」

「誰もがその変更が良いことだと思っていることを知っているが、それらは高価だ」

ジーン・ハースは、F1の1億7500万ドルの予算上限がハースのような小規模なチームに平等な競争力をもたらすとは考えていない。

「経済的に価値がないものであるのは間違いない。私はそう伝えることができる」とジーン・ハースは語る。

「ビジネスモデルは小規模なチームに有利ではない。誰もが知っているように、お金の分配方法の70%は上位3チーム、残りの30%は他の7チームに配分されています。それは良い経済モデルではない」

「少なくとも我々の状態では、F1でチームを運営するのに実際にかかる費用の約3分の1しか支払われていない。ビジネスモデルとしてはうまくいかない」

「もちろん、すべてのチームが、F1を行う理由について異なる性質を持っている。その一部は主にスポンサーです。フェラーリは60年間それをやっているといる」

「彼らは実際に1億7,500万ドルの上限を行うために十分なお金を得られるが、他の多くのチームはその4分の1で運営している。どうしてそのような格差でレースチームを運営できるのだろう?」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ハース