F1 ハースF1チーム ピエトロ・フィッティパルディ
ハースF1チームは、ピエトロ・フィッティパルディがF1スーパーライセンスを確保できるよう最善を尽くしているが、現在のF1での苦境によって約束することはできないと語る。

ピエトロ・フィッティパルディは、2018年末からハースのテスト兼リザーブドライバーを務めており、プレシーズンテストとインシーズンテストでは今季マシンVF-19での走行を経験している。

2017年にフォーミュラV8 3.5でチャンピオンを獲得したピエトロ・フィッティパルディは、F1スーパーライセンス取得に必要な40ポイントのうち36ポイントを有している。

2018年にWECで両足骨折という怪我を負ったピエトロ・フィッティパルディは、2019年はリザーブドライバーの仕事に集中させたいというハースの願望によってDTMにのみに参戦しており、チャンピオンシップで16位に位置している。

ハースF1のチームプリンパルを務めるギュンター・シュタイナーは「彼はスーパーライセンスを持っていない」とコメント。

「それは現時点で若いドライバーたちの問題の1つです。スーパーライセンスを持っているドライバーはそれほど多くなく、スーパーライセンスを取得するのは非常に困難だ」

「今は解決策はある。チームがFP1でドライバーを走らせることで、スーパーライセンのポイントを獲得できることが定義された。4ポイント足りないので、何ができるかを確認している」

しかし、ハースF1チーム、現在コンストラクターズ選手権で9位に沈んでおり、VF-19がレーストリムで予選ペースを再現できていない理由を理解しようとしている。


「我々に現時点では難しい。彼のためにプラクティスセッションでそれをすれば、彼は何らかを前進させるだろうが、現在の状況では上下しており、両方のドライバーが可能な限り車をテストすることが必要になっている」

「そうでなければ、我々は彼を走らせるだろうが、それは正しいことに焦点を当てていない。なぜなら、我々の焦点はまだチャンピオンシップで9位になることではないし、改善することだからだ」

「だからこそ、ピエトロに何かを約束することはできない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ハース