F1 ハースF1チーム
ハースF1チームのプリンシパルを務めるギュンター・シュタイナーは、トップドライバーがハースで走ることにまだ“興味を持っている”と主張する。

F1での4年目となる今シーズン、ハースにとってはピレリタイヤへの苦戦、タイトルスポンサーの内紛、そして、ドライバーの問題によって特に厳しいものとなっている。

ロマン・グロージャンは、今シーズン末にハースのF1シートを喪失する可能性が高いと考えられているが、ギュンター・シュタイナーは競争力のあるドライバーラインナップを擁することに苦労することはないだろうと語る。

「レースでは常に逆境に直面しているが、人々は我々が解決策を見つけるために費やしているハードワークを目にしていると思う」とギュンター・シュタイナーは Ekstra Bladet にコメント。

「人々はまだ我々のために走ることに興味を持っている。チームは弱くないからね」

ロマン・グロージャンが放出された場合、エステバン・オコンやニコ・ヒュルケンベルグといったドライバーが2020年のハースのドライバー候補に挙げられている。

ギュンター・シュタイナーは名前を挙げることはないものの「ドライバーたちが我々と話をしに来ている。我々は死んではいない」とコメント。

「多くの課題があったが、我々は困難な時期を乗り換えて成長できるチームだ。今は話だけだであり、もう少し待たなければならない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ハース