F1 ハースF1チーム
ハースF1チームは、F1中国GPの決勝で、ロマン・グロージャンが11位、ケビン・マグヌッセンが13位でレースをフィニッシュした。

ギュンター・シュタイナー (チーム代表)
「我々が期待していたレースではない。バーレーンで抱えていたものと非常に類似した問題に見舞われたように思う。デジャブだ。調べてみる必要があるし、この問題を解決するために懸命に取り組まなければならない。次のレースに進む」

ロマン・グロージャン (11位)
「僕たちのレースペースは今週末ずっと素晴らしいものではなかったので、正直、スタート前は少し心配していた。クルマはワンラップでは素晴らしいけど、同じタイヤで2周もするとすぐにもう走れたものでくなってしまう。何が起こっているのか正確に理解する必要がある。最後はブルーフラッグがなければ1ポイントを獲得できたと思う。アレックス(アルボン)は素晴らしい仕事をしてうまく守ったよ。ミスもしなかったしね。彼におめでとうと言いたい。全力を尽くしてハードにプッシュしたけど、ポイントを獲得できなかったことにはとてもイライラする」

ケビン・マグヌッセン (13位)
「今日はペースがなかったし、レースペースに取り組んでいかなければならない。今のところ予選はいいし、とにかくレースペースを改善しなければらない。そこが最も改善しなければならない部分だ。やらなければならないことはいくつもある。現時点ではあまり理解できていないし、僕たち全員がそれを理解する必要ある。簡単ではない。良いマシンがあって、予選では調子がだけど、それをレースペースに変えることができていないことにフラストレーションを感じている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ハース | F1中国GP