F1 ハースF1チーム
ハースF1チームのチームプリンシパルを務めるギュンター・シュタイナーは、ハースが最下位であれば、他チームがBチームを批判することはないだろうと語る。

ハースF1チームは、2016年にフェラーリとの密接な技術提携によってF1に新規参入。パワーユニットやギアボックスだけでなく、チームが独自に製造する必要があるもの以外の“非掲載パーツ”をフェラーリから購入している。

昨年、ハースはルノーとコンストラクターズ選手権4位を争いを展開。今年もミッドフィールドのトップを争っている。

だが、ルノー、マクラーレン、ウィリアムズといったライバルはBチームを持たないチームは、フェラーリとハースのモデルへの悲観を繰り返している。

ギュンター・シュタイナーは、ライバル勢はハースがグリッド後方に沈むことを“期待”していたはずだと語る。

「我々が最後尾を走っていたら誰も気にしなかっただろう」とギュンター・シュタイナーは Autosport にコメント。

「そうであれば、みんながハッピーだっただろう。我々がF1に参入してきた際、誰もがそうなることを期待していたと思う」

「年月が経つにつれて人々は批判的になってきた。それは我々の順位と密接に関係している」

「しばらくすれば、それに慣れて、気にならなくなるだろう」

ハースF1チームは、2016年の初年度にポイントを獲得し、2年連続でコンストラクターズ選手権8位を獲得。2016年はワークス復帰したルノーとザウバー、マクラーレンよりも上位でシーズンを終えている。

そして、昨年はランキング5位に浮上。特にルノーとは激しい論争を繰り返した。

ハースのF1マシンがフェラーリのコピーだという批判に対して、ギュンター・シュタイナーは「一部にそんなことを言っている人々もいるようだが、私には彼らが何を言っているのかあまりわからない」とコメント。

「彼らはそれがどういう意味なのかわかっていないんだと思う。通常、人々はなぜ我々がこれほど良い仕事ができているのか理解できない。彼らは我々がフェラーリをコピーしているだけだと言っている」

「何ができて何ができないかが明確に書かれたルールがある。我々はルールブックの則ってすべてを行っている。なので、彼らが我々について悪い意見を持っていたとしても気にはならない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ハース