F1 ハースF1チーム メキシコグランプリ
ハースF1チームは、F1メキシコGPの決勝レースで、ケビン・マグヌッセンが14位、ロマン・グロージャンが16位がレースで終えた。

ギュンター・シュタイナー (チームプリンシパル)
「今週末について唯一良かったことは、週末が終わってくれたことだ。ここから得られる良いことは何もない。とにかく我々はあまりに遅すぎたし、タイヤを機能させることができなかった。我々は次のレースに気持ちを切り替えている」

ケビン・マグヌッセン (15位)
「僕たちは良いポジションに入っていたし、40周目くらいにピットインした。でも、ウルトラソフトでコースに出ているときは、とにかくまったく昨日していなかった。と言うか、素晴らしいレースをしたければ、タイヤが必要だ。今日はタイヤの問題によってそれが可能ではなかった。厳しいけど、僕たちは進んでいく」

ロマン・グロージャン (16位)
「とてもタフな一日だった。僕たちはウルトラソフトで期待していたパフォーマンスを得られなかった。スーパーソフトでは可能な限り良いパフォーマンスを引き出すことができた。タイヤの寿命を最大限に引き出していた。そのあと、ウルトラソウトで予想していなかった問題に見舞われた。リアのデグラデーションが酷かった。最後のバーチャルセーフティカー中にピットインすることを決断した。ケビンとの最終結果に違いはなかった。とても拮抗していた。とにかくタフな一日だった」

関連:【動画】 F1メキシコGP 決勝ハイライト

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ハース / F1メキシコGP