F1 ハースF1チーム
ハースF1のチームプリンシパルを務めるギュンター・シュタイナーは、エステバン・オコンとシャルル・ルクレールが2019年のドライバー候補であることを認めた。

これまで、ロマン・グロージャンに代わってフェラーリのジュニアドライバーであるシャルル・ルクレールが2019年のハースのF1シートを獲得することになると考えられてきた。

しかし、ダニエル・リカルドのルノー移籍、そして、ローレンス・ストロールのフォースインディア買収により、エステバン・オコンはシートを失う可能性が高くなり、ハースの候補者として急浮上した。

「現在、我々には多くの魅力があると言えるし、私が誰と交渉しているかはわかると思う」とギュンタ・シュタイナーはモンツァでコメント。

「今のところ、何も決定していない。我々がデビューした頃は、我々と交渉を望むものはごくわずかだったが、今ではたくさんいる。その理由は明らかだ」

メルセデスの契約ドライバーであるエステバン・オコンが、フェラーリと関連のあるハースで走る可能性はあるのかと質問されたギュンター・シュタイナーは「我々は哲学的な方法でそれらの事柄を見ている」とコメント。

「フェラーリは我々の非常に良いパートナーであり、オコンは非常に優れたドライバーだ。我々は独自の結論に基づいて決断を下す。我々がどうすべきかを誰かが決めることはない」

ギュンター・シュタイナーは、現在ザウバーにいるシャルル・ルクレールも2019年のドライバー候補のひとつだと認める。

「来年の彼の計画、フェラーリとの契約状況、彼が何をしていくのかについての情報はない。去年、彼は経験がなかったが、今では彼に大きなリスペクトを抱いている」

ハースはフォースインディアに3300万ドルともいわれるF1賞金を得ることを唯一反対したチームだと言われている。

その件について質問されたギュンター・シュタイナーは「レーシングポイント・フォースインディアは新しいチームであるはずだし、受け取れる理由が理解できない。誰かに説明してもらいたい」と述べた。

2016年にF1に新規参入を果たしたハースは、新生フォースインディアが得るとされる3年間の実績が必要な“カラム1”の資格を有していない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ハース / エステバン・オコン / シャルル・ルクレール