ハース F1 ブレーキ ブレンボ
F1ロシアGPの金曜フリー走行でカーボン・インダストリー製のブレーキを試していたハースだが、パーツに問題が発生したことで、残りのグランプリではブレンド製のブレーキに戻すことになった。

2016年からブレーキ問題に悩まされているハースは、バーレーンテストで好調だったことから、F1ロシアGPの初日はカーボン・インダストリー製のブレーキに変更した。

しかし、フリー走行ではブレーキの冷却に悩まされたことで、ハースは予選とレースにむけて馴染のあるブレンボ製のブレーキに戻すことを決定した。

ハースのチームプリンシパルを務めるギュンサー・シュタイナーは、カーボン・インダストリー製をレースで使用するにはもっと多くのマイレージを稼ぐ必要があると述べた。

「プラスとマイナスの点があると思う。走行中、少し熱を持っていたし、バーレーンの後にはブレーキダストも出ていた。我々はクーリングのオプションに取り組んでいる」

「チームはそれに取り組んでいるし、そこからどのようなものを引き出せるか見てみよう。風洞では1週おきにしか走らせられないので、来週セッションを行う。バーレーンで学んだことにより、パーツを造らなければならなかったし、風洞に戻すまで待たなければならない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ハース | F1ロシアGP