ロマン・グロージャン、休養を示唆 「クラッシュで僕の人生観は変わった」 / ハースF1
ハースF1チームのロマン・グロージャンは、先週末のF1バーレーンGPの大クラッシュで人生観が変わったとし、2021年はレース活動を休止する可能性を示唆した。

ロマン・グロージャンは、F1バーレーンGPのオープニングラップでダニール・クビアトと接触した後、ターン3のバリアに突っ込んだ。真っ二つに分断されたマシンはガードレールを突き破って炎上したが、グロージャンは奇跡的に脱出した。

ロマン・グロージャンは、クラッシュはほぼ自分の責任だったと認める。

「速すぎたけど、クビアトに接触したかどうかは分からなかった」と水曜日に退院したロマン・グロージャンは語った。

「彼のことは見えなかった。彼が行く手を遮ったことには腹が立ったけど、彼はターン1の出口から僕の死角にいた。僕は他の人よりも早くコーナーから立ち上がっていたで、ミラーを2度見た」

「左側にデブリがあったので右側に位置取りした。僕にとって、そこには誰もいなかった。軽い接触だったけど、その後、バリアと衝撃した。目を閉じていた」

「すぐに火災から抜け出せないことに気づき、『ニキ・ラウダのようになってしまう』と考えたことをはっきりと思い出せる」

「全部がオレンジ色だったのでとても不思議だったけど、ティアオフのプラスチックに火がついて燃えているのがわかった」

「脱出しようとしたけど、できなかった。でも、そんなことは無理だと自分に言い聞かせた。このような形で終わることはできないとね。もう一度試みたけど、まだ引っかかっていた。もう一度座った。死が迫っていることがわかってとても不思議な瞬間だった」

「最初にどの部分が燃えるのか、それはやばいかと疑った。僕の頭は53Gの衝撃で明らかに少し呆然としてた。でも、左足がペダルの下に引っかかっていたので、狂ったように引っ張った」

「まだ死ねないと自分に言い聞かせ、手を火の中に入れて、手袋が真っ黒になり、痛みを感じた。手が焼けているのが分かったけど、それが生きるための解決策だった」

ロマン・グロージャンは、メディカルセンターでFIAのジャン・トッド会長から自分の妻に電話するために電話番号を聞かれたときに「痛みから震え始めた」と語った。

病院を出た今、ロマン・グロージャンはクラッシュ映像を見ることは「問題はなかった」と語り、F1は今回の事故から教訓を学ぶ必要があると語った。

「なぜ手袋がこんなに早く燃えたのか、なぜヘッドレストが外れて僕をブロックしたのかを理解する必要がある。そこは改善することができる」とロマン・グロージャンは語った。

「でも、ヘルメット、アンダーウェア、オーバーオールは素晴らしかったし、それが私を救ってくれた。また、なぜあのようにバリアが開いたのかを理解する必要がある。ジャンからはFIA一緒に行って彼らと働くよう頼まれている」

ロマン・グロージャンは、月曜日の朝にセバスチャン・ベッテルが病院でにお見舞いに来たこと明かした。

「僕たちはお互いにスチュワードを訓練する必要があると言った。おそらくどこでも同じことだ」

「僕を救ったのはプロの軍の消防士だ。この紳士は彼が何をしすればいいかを正確に知っていて、僕を救ってくれた」

最後に、ロマングロージャンは2021年にインディカーへの転向を考えていたことを認めたが、事故に遭い、今の唯一の優先事項はアブダビでレースをして自分の気持ちを評価することだと認めた。

「自分に何ができるのか、それでもやりたいのか、情熱がまだ残っているのかを知りたい」とロマン・グロージャンは語った。

「僕の疑問は、こののような事故が再び起こる可能性があるかどうかではなく、愛する人にこのようなことを二度と経験させたくないということだ」

「1週間前、1年の休暇を取ることは不可能に思えた。今日、カイトサーフィンをしたり、自転車に乗ったり、子供たちに会ったり、楽しんだり、美味しいワインを飲んだりできると自分に言い聞かせている。このクラッシュは僕の人生観を永遠に変えた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ロマン・グロージャン / ハース