F1 ロマン・グロージャン ハースF1チーム
ハースF1チームのロマン・グロージャンは、F1シート喪失の噂に不快感をあらわにした。

F1ベルギーGPの週末は2020年のドライバー体制に注目が集まっている。木曜記者会見前にはメルセデスがバルテリ・ボッタスの残留を発表。メルセデスのシート獲得できなかったエステバン・オコンは今週末にルノー移籍が発表されるとも言われている。

イタリアの Corriere della Seraは、メルセデスのF1チーム代表を務めるトト・ヴォルフは、実際にはエステバン・オコンの起用を望んでいたが、複数のチームエンジニアだけでなく、ルイス・ハミルトンもバルテリ・ボッタスの続投を希望したと報じている。

エステバン・オコンの加入によってルノーのF1シートを失うことになるニコ・ヒュルケンベルグは、F1イタリアGPでハースF1チームへの移籍が発表されると考えられている。

ニコ・ヒュルケンベルグは、ルノーの2019年シーズンについて「この2連戦が今シーズンの成功を左右するだろう」と語っている。

ニコ・ヒュルケンベルグがハースF1チームに加入した場合、ロマン・グロージャンがシートを喪失するとされている。その場合、グロージャンはフォーミュラEへの転向を受け入れることになるとも報じられている。

この件について質問されたロマン・グロージャンは「ハルクが噂の王だということを除けば、僕がコメントすることはないよ」と不快感をあらわにした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ロマン・グロージャン / ハース