F1 ロマン・グロージャン レッドブル・ホンダ
ロマン・グロージャンは、F1スペインGPでハースF1チームはレッドブル・ホンダと戦えると考えている。

ハースF1チームは、F1スペインGPで大幅なアップグレードパッケージを投入。ロマン・グロージャンは、これまでのフリー走行でレッドブル・ホンダのピエール・ガスリーを上回っている。

「楽観的に感じている」とロマン・グロージャンはコメント。

「予選で2台揃ってトップ10に入る良いチャンスがあると感じているし、レッドブルと戦えるかもしれない」

「彼らは常に予選で何かを見つけているようだと言っているけど、僕たちももっとパフォーマンスを発揮できると思っている。良い日になるかもしれない」

レッドブル・ホンダと戦える機会はどれくらい現実的かと質問されたロマン・グロージャンは「彼らと戦えると思っている。夢は大きくだね」と語った。

ケビン・マグヌッセンもレッドブル・ホンダは明らかにターゲットだと語るが、エンジンのパワーを上げる予選で状況が変わるかもしれないと警戒している。

「レッドブルが予選ではどのような走りをするか見てみるつもりだ。でも、彼らはプラクティスでは手の届くところにいるように見えた」とケビン・マグヌッセンは語った。

「彼らがエンジンをどう走らせるかわからないし、おそらく予選でペースを上げるだろう。僕たちの目標は4番目のチームになることだ。それがどうなるか見てみましょう。

「マクラーレンも速そうだ。少なくともサインツはね。トロロッソもときどき速さを見せているし、興味深いものになるだろう」

ケビン・マグヌッセンは、レッドブルを倒す可能性については慎重だが、最近のレースで苦しんだタイヤ問題がクリアになったことで強い週末を過ごすことができると考えている。

「楽観的だ。ここはオーバーテイクが非常に難しいトラックだ。レースペースは良さそうだし、予選ペースは素晴らしいと思うので、前向きにならない理由はない」とケビン・マグヌッセンはコメント。

「レースモードでのタイヤマネジメントという主な問題の答えを見つて、理解したいと思っている。僕たちは良さそうに見えるけど、理由は分かっていない」

ロマン・グロージャンは、プラクティスのペースは、ハースには強いクルマがあるが、タイヤへの困難がスピードを覆い隠していたと付け加えた。

「僕たちはクルマのベースラインがとても良いことを証明してきたけど、最近はウインドウにタイヤを入れるのに苦労してきた」とロマン・グロージャンはコメント。

「タイヤがうまく機能するようことに頼らなければならないのは少し悲しいことだ。僕たちはその側面を改善する必要がある。ここで我々はあまり心配はしていなかった。冬季テストからバルセロナでタイヤにへの入力が多いことはわかっていたからね」

「将来的には、もう少し掘り下げる必要があると思っている。でも、当分の間、週末の間、僕はクルマを運転することを楽しんでいる。最初のラップから感触は本当に良かったし、とにかく進み続けるだけだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ロマン・グロージャン | ハース