ティモ・グロックとハンス・ベルント・カンプス
ティモ・グロックは、来シーズンもトヨタがF1に留まる場合、引き続きトヨタF1チームのドライバーを務めることになりそうだ。

2004年にF1デビューを果たしたティモ・グロックは、GP2でチャンピオンになったあと、2008年にトヨタのドライバーとしてF1に復帰した。

その際、ティモ・グロックはトヨタと複数年契約を結んだとされているが、マネージャーを務めるハンス・ベルント・カンプスは、ティモ・グロックが2010年もトヨタでのF1シートを確保していると認めている。

「ティモ(・グロック)は、2010年もトヨタに留まる。そこに、疑いの余地はない」

ティモ・グロック自身は最近、現在のF1危機がどのような結末を迎えるのか心配していると語っていた。しかし、少なくとも無職になる心配はないようだ。

「もし来年F1で走れないなら、父親の建設会社での仕事に復帰するよ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ティモ・グロック