ジョージ・ラッセル、F1初優勝に男泣き 「言葉にならない」 / F1サンパウロGP
ジョージ・ラッセルは、2022年F1サンパウロGPで圧倒的なパフォーマンスを発揮してF1初勝利を挙げ、初めてF1レースウィナーとしてメルセデスのコックピットから飛び降りたとき気持ちを「アメージング」だったと表現した。

インテルラゴスでのジョージ・ラッセルのスプリントとグランプリのダブルは、2022年のメルセデスF1の印象的な挽回を裏付けた。新レギュレーションに苦しんだメルセデスF1は、これまでペースセッターのレッドブルとフェラーリに遅れをとってきた。

ジョージ・ラッセルの初優勝に加え、ルイス・ハミルトンが2位に続き、メルセデスF1は今シーズン初勝利を1-2フィニッシュで飾った。

F1デビュー後、ウィリアムズで不遇な3シーズンを過ごした後、満を持して勝利を夢見てチャンピオンチームのメルセデスF1に移籍したジョージ・ラッセルだったが、現実は全く正反対だった。

表彰台の下で涙を流したジョージ・ラッセルは「なんてアメージングなフィーリングだ。これを可能にしてくれたチーム全体に感謝したい。今シーズン、このレースは、エモーショナルなジェットコースターだった」とコメント。

「本当にタフなレースだった。コントロールしていると感じた。ルイスはとても速かったので、セーフティカーを見たとき、『ああ、これは本当に難しい結末になるだろう』と思った。彼は僕に大きなプレッシャーをかけましたが、勝利を収めることができてとてもうれしいね!」

トップへの道のりを振り返るように求められたジョージ・ラッセルは、彼の家族や、2017年にジュニアドライバーとして参加したメルセデス組織のさまざまなメンバーを含め、長年にわたって影響力のある多くの人物に敬意を表した。

「言葉にならない。インラップでは、これらすべての思い出が洪水のように溢れ出てきた。母と父と一緒にゴーカートをしに行ったから始まり、家族、ガールフレンド、トレーナー、マネージャーから受けたすべてのサポートが頭を駆け抜けた」とジョージ・ラッセルはコメントした。

「もちろん、メルセデスのプログラムに参加する機会を与えてくれたグウェン・ラグルー、ジェームス・ボウルズ(メルセデス戦略責任者)、トト(ヴォルフ/メルセデス F1チーム代表)など、無限に名前を挙げることができる。彼らには感謝してもしきれない。とても誇りに思っている」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジョージ・ラッセル / メルセデス / F1ブラジルGP