ジョージ・ラッセル 「F1はエンジンペナルティを再考する必要がある」
ジョージ・ラッセルは、F1がパワーユニットコンポーネントの超過に対するペナルティをどのように分配するかについて再考する必要があると語る。

F1ドライバーは現在、シーズン中に一定量のパワーユニットコンポーネントを使用することしか許可されておらず、その数値に違反した場合、グリッドペナルティが課せられる。

F1パワーユニットの開発が進むにつれて、FIA(国際自動車連盟)は過去数年間、コンポーネントの許容数を着実に減らしてきた。

しかし、F1イタリアGPの土曜日の予選セッションの前に、モンツァのレースで9人のドライバーが割り当てを超えたとしてペナルティを課された。

F1が持続可能な未来を推進している時期に、グリッドペナルティシステムがF1にとって見栄えが悪いか質問されたジョージ・ラッセルは「諸刃の剣だと思う」とコメント。

「僕たちはF1でより持続可能になろうとしており、シーズンを通して使用する部品とエンジンを削減している」

「ますます多くのレースが行われる中、3基のエンジンを使用して23のレースに参加し、1基のエンジンでフル稼働している」

「物凄い量だ。途中で故障するのは当たり前だ。F1は途中で再考すると確信している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジョージ・ラッセル / メルセデス