ジョージ・ラッセル 「フェラーリとレッドブルの車の方が本質的に速い」 / メルセデス F1アゼルバイジャンGP 金曜フリー走行
ジョージ・ラッセル(メルセデスF1)は、2022年F1第8戦アゼルバイジャングランプリの金曜フリー走行を7番手で終了。フェラーリとレッドブルの車はメルセデスよりも“本質的に速い”と語った。

メルセデスF1は、バクーで再びポーパシングの問題に苦しんでおり、バルセロナでの好調ぶりは影を潜め、W13は前戦モナコと同じストリートサーキットでパフォーマンス不足に陥っている。

「トリッキーな一日だったし、明らかに僕たちは思っていたほど競争力がなかった」とジョージ・ラッセルはコメント。

「タイヤにスイッチを入れて正しいウィンドウに入れるのが難しいトラックだ。他の多くのドライバーが走行の最後に最速タイムを設定しているのを見たけど、フェラーリとレッドブルはタイヤをオンにすることができているようだ。現在、彼らは僕たちよりも本質的に速い車を持っているし、僕たちは追いつくためにできる限りのことをしている」

「タイヤを解決したとしても、それは問題の50%に過ぎず、残りの50%は車のパフォーマンスだ。今、車は地面に非常に接近して走っている。高速コーナーでは、車は完全にボトミングしている。それは誰にとっても同じだ。運転するのは本当に快適ではない」

「この時代の車の将来がどうなるのか分からないけど、今後4年間はこんな走りをすることはできないの。僕たち全員が同じ状況なので会話が必要だ」

ジョージ・ラッセル(メルセデスAMG・ペトロナス・モータースポーツ) F1 アゼルバイジャングランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジョージ・ラッセル / メルセデス / F1アゼルバイジャンGP