ジョージ・ラッセル、5位にも不満「パフォーマンスを解除する鍵がない」 / メルセデス F1 マイアミGP 決勝
メルセデスF1のジョージ・ラッセルは、2022年F1第5戦マイアミGPの決勝を5位で終えた。

12番グリッドからハードタイヤでスタートしたジョージ・ラッセルは、バーチャルセーフティカーが入った40周目に少ないロスでミディアムへと交換して上位ポジションをキープすることに成功。

終盤、ステイアウトしてタイヤが古いチームメイトのルイス・ハミルトンを抜いて5位でチェッカーを受けた。

「正直言って、複雑な気持ちだ。昨日の状況からすると、今日は良い結果だけど、金曜日の後、僕たちがP5とP6をフィニッシュして、P1よりはるかに遅れていると言われたら、かなりがっかりしていただろう」とジョージ・ラッセルはコメント。

「そこには速いレースカーがある。でも、パフォーマンスのロックを解除するための鍵がない。そして、僕たちはそれがなぜなのか本当に理解していないので、やるべきことがある」

「今日、レースの終わりに向けてチームメイトと戦っていたときは、通常よりも少し余裕を持って敬意を払う必要があった。ムーブは少しトリッキーだったし、少し膨らんでしまったけど、このサーキットのはオフラインがとても汚れている。明らかにコースから外れていたので、もう一度やり直さなければならなかった。僕はそれを楽しんだし、僕たちの間には良い敬意があると思う。でも、ルイスは今日運が悪かった。20周オールドのハードタイヤを履いているとき、本当にできることはあまりない」

「過酷なレースだった。とても暑く、汗だくだったし、汗が目に入ってしまった目が痛かった。それを回避する必要がある」

ジョージ・ラッセル メルセデスAMG・ペトロナス・モータースポーツ F1 マイアミGP

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジョージ・ラッセル / メルセデス / F1マイアミGP