ジョージ・ラッセル、初日は「アルファタウリやアルファロメオと同等」 / F1バーレーンGP
メルセデスF1のジョージ・ラッセルは、2022年F1バーレーングランプリの初日のプラクティス後、メルセデスW13のスピードは“アルファタウリやアルファロメオ”と同等だと語っていた。

初日のフリー走行で、ジョージ・ラッセルはマックス・フェルスタッペン(レッドブル・レーシング)からほぼ0.6秒遅れの4番手タイム。ルイス・ハミルトンはDRSの問題にも妨げられて9番手でセッションを終えていた

だが、ジョージ・ラッセルは、ショートランのペースよりもロングランでのメルセデスW13のペースをより懸念している。

しかし、短期的なペースがラッセルの懸念を引き付けた一方で、彼はより長いスティントでのW13のパフォーマンスにもっと警戒していました。

「ラップタイムが重要なのは明らかであり、僕たちが望んでいる場所にいなかったのは確かだ」とジョージ・ラッセルは語った。

「僕たちはいくつかの問題を解決するために少し進歩したと思うけど、現時点ではペースはない」

「だから、今夜、データを実際に調べて、なぜ僕たちが両方とも車に苦しんでいるのかを本当に理解する必要がある」

「僕たちはレッドブル、フェラーリのペースから遠く離れている。アルファタウリ、アルファロメオのようなチームでさえ、僕たちのペースと同様か、もしくは速いようだ」

「重い燃料のペースはもう少し代表的なものだと思う。ライバルよりも一貫して1秒以上遅くかった」

ジョージ・ラッセルは、金曜日のセッションがメルセデスF1が直面している課題を強調したと考えている。

「僕たちが検討する必要のある要因はたくさんある」とジョージ・ラッセルは語った。

「僕たちは、そこにあると思っているポテンシャルを解き放つために、現時点で本当にすべてを出し尽くているけど、その瞬間にそれを利用するのに本当に苦労している」

「僕たちが試みていることはすべて、おそらく1歩前進して2歩後退するものであり、常に制限がある」

「時間がかかるだろう。解決できたと思っていたけど、現状を考えれば、僕たちは戦いに参加していないし、やるべきことがいくつかある」

そう語ったジョージ・ラッセルだが、土曜日のフリー走行3回目ではいくらか改善を果たし、トップから0.391秒差の4番手。チームメイトのルイス・ハミルトンもトップから0.577秒差の6番手でセッションを終えている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジョージ・ラッセル / メルセデス / F1バーレーンGP