メルセデスF1のジョージ・ラッセル 「フェラーリとマクラーレンが先行しているのは確実」
メルセデスF1のジョージ・ラッセルは、これまでのバルセロナのテストで判断して、マクラーレンとフェラーリを倒さなければならない明確なチームだと見なしている。

バルセロナでの3日間のシェイクダウンランは、特にF1レギュレーションの大幅な変更を考慮すれば、勢力図の確固たる兆候ではないが、マクラーレンとフェラーリがオープニング2日間で輝いていたことは否定できない。

1日目にはマクラーレンのランド・ノリスが、フェラーリのシャルル・クレールとカルロス・サインツに先んじてペースを設定し、2日目はルクレールが1番手で終えた。

また、2日目にマクラーレンMCL36を引き継いだダニエル・リカルドは、午前中のセッションでペースを設定し、セッション終盤にシャルル・ルクレールに上回れるまでタイムシートのシートに名前を置いていた。

しかし、ラップタイムに加えて、マクラーレンとフェラーリはどちらも、メルセデスF1にも同じことが当てはまるものの、これらの初期段階での信頼性で印象的だった。

それにもかかわらず、新しい2022年のF1技術規則は、F1チームが勢力図で順位を上げる機会を提供し、2021年にミッドフィールドをリードしたことで、フェラーリとマクラーレンは、メルセデスとレッドブルの通常のペース設定デュオを悩ますのに最適な場所に見えた。

F1バルセロナテストで、メルセデス W13で2回のセッションを終えたジョージ・ラッセルは、今シーズン、フェラーリとマクラーレンの両方が本物の速さを持っていることは間違いないと語る。

「いくつかのチーム、特に赤いチームとオレンジのチームは速く見えているとジョージ・ラッセルは、カタルーニャ・サーキットの記者団に語った。

「非常に競争が激しいので、明日が何をもたらすのか、そして、このテストとバーレーンの間で何ができるのか見てみまよう」

“シルバーのチーム”が赤やオレンジのチームと比べてどの位置にいると思うかと質問されたジョージ・ラッセルは「前にいないのは確かだ。それはかなり確実だ」とコメント。

「彼らは物事をうまくコントロールしているようだし、低燃料、高燃料、そしてタイヤ管理のすべてにおいて上にいて、非常に強そうに見える」

「僕たちは皆、自分たちが異なるプログラムを行っていることを分かっているけど、現時点で僕たちが彼らの背後にいるのが間違いないことは、さまざまな走行のすべての平均から分かっている」

「どうなるか見てみよう。バルセロナの冬季テストでチャンピオンシップは勝つわけではないけど、2日間は興味深いものだったのは確かだ」

木曜日の会話のもう一つの支配的なトピックは、「ポーポイズ現象」としても知られている2022年F1マシンのストレートでの跳ねだった。

フェラーリのF1チーム代表であるマッティア・ビノットは、パフォーマンスフレンドリーな解決策を見つけたチームの早期のアドバンテージを予測しているが、ジョージ・ラッセルはメルセデス W13がその問題にそれほど苦しんでいないことを示唆した。

それでも、ジョージ・ラッセルは、それが他のチームに影響を及ぼしているのを見て、それが安全上の懸念でもあると考えている。

「僕たちはそれをあまり経験していない」とジョージ・ラッセルは確認した。

「でも、それはまったく快適ではない。特に他チームについて僕が見たものから、それは安全上の懸念になるだろう」

「何らかの方法で解決する必要があるけど、このグリッドの上下には多くのインテリジェントな人々がいて、誰もが遅かれ早かれそれを攻略すると確信している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジョージ・ラッセル / フェラーリ / マクラーレン / メルセデス