F1:ジョージ・ラッセル 「アルボンからまだビールを奢ってもらってない」
ジョージ・ラッセルは、アレクサンダー・アルボンをウィリアムズF1の後任ドライバーとして推薦したことへのお礼としてビールをまだ奢ってもらうという約束はまだ果たされていないと語る。

今年レッドブルF1のリザーブドライバーとして1年間主力を外されていたアレクサンダー・アルボンだが、2022年にメルセデスF1に移籍するジョージ・ラッセルの後任としてウィリアムズF1加入が決定。F2時代のチームメイトであるニコラス・ラティフィと再タッグを組む。

ジョージ・ラッセルは、アレクサンダー・アルボンをウィリアムズF1に推薦するなど、F1シート獲得に大きな役割を果たした。アルボンはそのお返しに「ビールを奢らなきゃね」と語っていた。

しかし、ジョージ・ラッセルは2021年までその機会は待つことになると考えている。

プライベートでも仲の良い二人は、ロンドンで開催されてNFLのジャクソン・ビルジャガーズ対マイアミ・ドルフィンズの試合を自分たちのカーナンバーが入ったマイアミ・ドルフィンズのユニフォームを着て観戦。

ジョージ・ラッセル「彼はまだ奢ってもらってないね」と笑顔で言った。

「シーズン終了までとっておくつもりだ。適切なタイミングでちょっとしたお祝いをした方がいいと思う。まだだね。まだ待っている」

ウィリアムズF1での3シーズン目となる今年、ジョージ・ラッセルはチームと最も印象的なシーズンを過ごしている。

F1ベルギーGPでは予選2番グリッドを獲得し、決勝が雨でセーフティカー先導での走行のみに終わったことで自身初表彰台となる2位フィニシュ。F1ロシアGPでもFW43Bを3番グリッドに並べた。

実際、F1トルコGPまでの6レースでの16ポイントというジョージ・ラッセルの獲得ポイントは、同じ時期のレッドブル・ホンダとセルジオ・ペレスと同じだった。

シーズンに向けて、ジョージ・ラッセルがそのような統計を予想していなかったと認める。

「正直言って、最初のテストやレースの後では予想もしていなかったと断言できる」とジョージ・ラッセルは認めた。

「もちろん、プレシーズンシーズンでは、いつも前のシーズンから改善していることを期待しているし、いつも考えている。でも、バーレーンのテストとバーレーンのレースの後、このようなスタッツが可能だと考えるなんてありえなかった」

「適切なタイミングで多くの良い決断を下してくれたチームには感謝することはたくさんある」

「僕たちはそれらの瞬間を利用するために適切なタイミングで適切な場所にいるという素晴らしい仕事をしたと思う」

「その糧でマシンも改善させた。僕たちはマシンをより深く理解し、いくつかのことを試みた、そして、物事はおそらく僕たちが予想していたよりも良くなった。そこで少しパフォーマンスが見られたと思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジョージ・ラッセル / ウィリアムズ / アレクサンダー・アルボン