ジョージ・ラッセル 「メルセデスF1でハミルトンと同等の扱いを約束されている」
ジョージ・ラッセルは、2022年に加入するメルセデスF1から、ルイス・ハミルトンと同等に扱われ、ナンバー2ドライバーにならないことを約束されていると語る。

今週、ジョージ・ラッセルは、アルファロメオに加入するバルテリ・ボッタスの後任として、2022年にメルセデスF1でルイス・ハミルトンと組むことが確認された。2017年にメルセデスに加入して以来、ボッタスはハミルトンの端役を務めて、自分のレースを妥協することがよくあった。

だが、ジョージ・ラッセルは、自分がメルセデスF1でその役割を果たす必要はないと確信しており、チームから保証を受けていると語った。

「間違いなく平等な条件で進んでおり、そのことを非常に明確にされている」とジョージ・ラッセルはイタリアの記者団に語った。

「メルセデスは、両方のドライバーに最高の機会を与えるために、その点で常に敬意を払っている」

「当然のことながら、僕は自分自身を信じているし、高い志を持っている。でも、同様にそれがどれほど厳しいものになるかについても知っている」

「ルイスは理由があって7回のF1ワールドチャンピオンだ。僕はグリッド上で最も幸運なポジションの1つにいるし、そこで走って、彼から学ぶことができると思う」

「僕自身、メルセデスとのこのパートナーシップは長期的なものだと考えている。来年は、できることすべてを学び、レース毎にそれを自分のものにして、どのように進むかを見る機会として利用する必要がある」

2022年は、ジョージ・ラッセルがメルセデスF1で走るフルタイムの機会となるが、2017年からメルセデスのジュニアプログラムに参加しており、それは2年後にウィリアムズでF1デビューを果たす上で大きな役割を担った。

そのため、ジョージ・ラッセルはF1の旅が始まった場所に戻ってきたと感じていると語る。

「僕は長い間メルセデスの一員であったので、正直に言うとかなりシュールだ」とジョージ・ラッセルは付け加えた。

「僕はジュニアドライバーとしてランクを通過し、彼らのためにテストし、リザーブドライバーを務めてきた。僕がウィリアムズにいる間も、彼らはすべてを監督とし、僕をマネジメントしていた」

「ある意味で、F1への旅を始めたところに戻ってきたという感じがする」。

「でも、同時にウィリアムズとのこの章を閉じるのは悲しいことだ。素晴らしい旅だった。僕たちの努力によって、最近のレースでいくつかの素晴らしい結果が得られたことをとてもうれしく思っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジョージ・ラッセル / ルイス・ハミルトン / メルセデス