ジョージ・ラッセル、ペナルティを科さなかったFIAの“常識”に感謝 / F1ハンガリーGP 決勝
ジョージ・ラッセルは、F1ハンガリーGPの決勝でピットレーンで不法にマシンを追い抜いた後、ペナルティを科さなかったFIAの“常識”に感謝した。

1周目の多重クラッシュにとる赤旗後のリスタートで、ルイス・ハミルトン以外のすべてのドライバーがインターミディレイトからスリックタイヤに交換するためにピットインした。

ジョージ・ラッセルは8番目にピットに入った。ピットイン後、ジョージ・ラッセルの前で入ったドライバーたちは、ピットレーン出口で正式に列を作った。

しかし、ウィリアムズのピットボックスはピットレーン出口の最も近くにあったため、隊列の最後につくことができなかった。そのため、ジョージ・ラッセルは出口までまっすぐ走り、列の先頭にいるエステバン・オコンを含む数台のマシンを追い越した。

ジョージ・ラッセルはそうすることが合法であるかどうか確信が持てず、チームに「列の先頭に行くことができるか?」と尋ねた。しかし、レースエンジニアのジェームズ・アンウィンが『ネガティブ』と答えるまでに、ピットレーン出口の信号はすでに青に変わっており、ジョージ・ラッセルは先頭で加速していた。

ウィリアムズはすぐに反応した。ジョージ・ラッセルが6ターン目と7ターン目にシケインに到着するとポジションを返すように伝えた。ラッセルはすぐにそれを実行し、ピットレーン入口に到達したポジションに戻った。

レース後、ジョージ・ラッセルは、FIAがペナルティを与えず、コース上で正しいポジションを取り戻すことができたことに感謝の意を表した。

「まず、FIAが少し常識を示してくれたことに感謝している。なぜなら、彼らはドライブスルーや少し厳しいものを簡単に与えてられたからだ」とジョージ・ラッセルは語った。

「とてもユニークな状況で、全員がピットレーンに列を作っていた。僕はチャンスだと見て、それをやってみようと思った。ポジションを戻すだけでよかったのは常識を示してくれたと思う」

だが、ジョージ・ラッセルはFIAから場所を返すように言われなかった。その後、F1レースディレクターのマイケル・マシは、ポジションの変更はウィリアムズによって自発的に行われたと説明した。

「チームはすぐに理解し、『我々はミスを犯した。フェルナンドの後ろに戻るつもりだ』と言った」とマイケル・マシは確認した。「実際にはチームの手引きだった」

F1のルールでは、ドライバーはピット出口に到着した順番でピットを離れる。

だが、マイケル・マシは「レースのスタートのためにピットレーンでマシンを追い越た。これは非常に異なるシナリオだ」

「ウィリアムズのピットストップポジションはこの特定のイベントでピット出口にあっただけというのが事実だ。それで、彼らは後ろに戻らなければならなかった」

ジョージ・ラッセルは、F1ハンガリーGPを9位でフィニッシュし、チームとの初ポイントを獲得した。



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジョージ・ラッセル / ウィリアムズ / F1ハンガリーGP