ウィリアムズF1のジョージ・ラッセル 「最大の飛躍を遂げたチームはアルファロメオ」
ウィリアムズF1のジョージ・ラッセルは、2021年のF1プレシーズンテストで最も飛躍を遂げたことが明らかになったチームはアルファロメオだと考えている。

昨年、アルファロメオF1は、キミ・ライコネンとアントニオ・ジョビナッツィはミッドフィールドで苦戦を強いられ、わずか8ポイントの獲得でコンストラクターズ選手権8位に沈んだ。

しかし、2021年F1マシン『C41』は前年モデルからの進歩を示しており、キミ・ライコネンはテスト最終日に総合4番手タイムを記録している。

一方、昨年を最下位で終えたウィリアムズF1は、ミッドフィールドでアルファロメオとハースを倒すことを目指しているが、ジョージ・ラッセルにとって、キミ・ライコネンのパフォーマンスは際立っていた。

「キミはとても速く見えた」とジョージ・ラッセルは最終日のパフォーマンスについて語った。

「彼を称賛しなければならない。データを詳しく調べる必要があるけど、彼らは全チームのなかで最大の飛躍を遂げた」

「僕たちがどこにいるのかを正直に言うことはできないけど、物事という点でキミは非常に速く見えた。」

アルファロメオとの3度目のフルシーズンを迎えるアントニオ・ジョビナッツィは、チームの進歩について楽観的と語っている。

「サヒールで行われた仕事に満足している」とアントニオ・ジョビナッツィは語った。

「まだテスト中だけど、それでもマシンの第一印象は重要だと思っている。初日の風と砂の厳しいコンディションにもかかわらず、特に問題はなかった。実際、トリッキーなコンディションでも、マシンは安定していて、楽しく運転できた」

「これは生まれつきのプロジェクトであり、僕たちは満足できるシーズンの準備作業ができたと思う」

今シーズン、F1チームは空力変更によって失われたダウンフォースを取り戻すことに取り組んできたが、アントニオ・ジョビナッツィはアルファロメオの新車が昨年よりも実際に優れていると感じていると語る。

「新しいレギュレーションと新しいタイヤはパフォーマンスを下げることを目的としているけど、多くの進歩が見られたと言わざるを得ない」とアントニオ・ジョビナッツィは説明する。

「特に低速セクションでのマシンのフロントの反応が良かったし、全体的にあらゆるタイプのコーナーでポジティブなフィーリングが得られている」

「パワーユニットも改善された。それはすぐにセンセーションを巻き起こした。間違いなくライバルに近づくための手を与えてくれるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジョージ・ラッセル / ウィリアムズ / アルファロメオ・レーシング