ジョージ・ラッセル 「2022年のメルセデスF1のシートは保証されていない」
ジョージ・ラッセルは、メルセデスF1から2022年のF1シートを確保するための具体的な目標は与えられていないと述べ、将来については何も保証されていないと主張する。

22歳のジョージ・ラッセルは、ウィリアムズF1との3年間の“ローン期間”が終了した後、2022年にメルセデスのF1シートに収まると広く期待されている。

ルイス・ハミルトンがメルセデスF1との新しい契約にサインしなければ、その機会はさらに早くに実現する可能性がある。2021年のプレシーズンテストまで2か月を切ってもまだ契約は確認されていない。

昨年、新型コロナウイルスに感染したルイス・ハミルトンに代わってメルセデスからF1サヒールGPに出場したジョージ・ラッセルは、予選でチームのベテランドライバーであるバルテリ・ボッタスに僅差となる2番グリッドを獲得し、決勝でもメルセデスがピットストップでタイヤ選択ミスをし、その後、タイヤがパンクする不運に見舞われることがなければ、レースに優勝していた可能性があった。
ルイス・ハミルトンが電撃引退しなくても、少なくとも1年待てばバルテリ・ボッタスに代わってメルセデスのF1マシンに戻ることはできると考えられているが、ジョージ・ラッセルはチームへの昇格の可能性は伝えられてはいないとし、パフォーマンスに基づいてその可能性が上下動することを承知していると語る。

「いいや、彼らは僕が何をする必要があるかは言っていない」とジョージ・ラッセルは語った。

「現時点では、ウィリアムズのすべての人に敬意を表しており、過去2年間のようにチームに完全にすべてを捧げている」

「僕は未来について考えるのは好きではない。このスポーツは信じられないほど急速に変化するし、ドライバーに対する人々の認識や評判は急速に変化する可能性がある。そして、僕たちが見てきたように、外的要因が作用する可能性もある」

メルセデスでのバルテリ・ボッタスの場所はジョージ・ラッセルの活躍によって脅威にさらされているのではないかという憶測があったが、チーム代表のは、トト・ヴォルフはすぐにラインナップに恒久的な変更するという見方を否定する。

「いつの日かジョージが良いマシンに乗り、勝利とチャンピオンシップのためにレースをすることを期待している」とトト・ヴォルフは語った。

「しかし、それはまだ先のことだ。彼はそのことを知っている」

「我々はいつものようにバルテリと完全に信頼しており、忠誠心がある。それが我々の立場だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジョージ・ラッセル / ウィリアムズ / メルセデス