F1 ジョージ・ラッセル ウィリアムズ
ウィリアムズのジョージ・ラッセルは、すぐにウィリアムズを離れるには“劇的”な何かが必要だと語る。

ウィリアムズにとっては期待外れなシーズンとなっているが、ジョージ・ラッセルはF1ハンガリーGPの予選でQ2をかけて初めてミッドフィールドと戦うなど、勢いをつけている。

将来、メルセデスのワークスチームのドライバーになることを期待しているジョージ・ラッセルだが、ウィリアムズと結んでいる3年契約を破る計画はないと語る。

「クレア(ウィリアムズ/副チーム代表)が言ったように、実際、僕はウィリアムズと3年契約を結んでいる」とジョージ・ラッセルは Autosport にコメント。

「だから、何か劇的なことが起こらない限り、僕が今後数年間ここにいない理由はないんだ」

メルセデスはすでに2020年のラインアップからジョージ・ラッセルを除外しており、ウィリアムズで成長することを望んでいると語っている。

メルセデスがこの機会を確保してくれていることはジョージ・ラッセルにとって重要だ。

「メルセデスはパフォーマンスを発揮しているしている限り、僕のことをサポートしてくれるし、ドライバーとしてリラックスさせていくている。自分の仕事に完全に集中することができる」とジョージ・ラッセルは説明する。

「もし、悪い週末を過ごしたとしても、彼らが飛んできてそこで何が起こっていたか尋ねるようなことはない。彼らは再び同じ状況に陥らないようにするためのサポートとアドバイスを提供してくれる」

「それは本当に素晴らしいことだ。僕が自身の仕事をこなして、彼らが仕事に集中する機会を与えてくれる限り、僕はグリッド全体で可能な限り最高ものを手にいていると思っている」

メルセデスは、ルイス・ハミルトンのチームメイトは、バルテリ・ボッタスとエステバン・オコンの2択で検討しているが、ジョージ・ラッセルは現状でもメルセデスにステップアップする実力はあると考えている。

「(ダニール)クビアトは、レッドブルでの最初の年に(ダニエル)リカルドを倒した」とジョージ・ラッセルは指摘する。

「(マックス)フェルスタッペンはレッドブルでの最初のレースで優勝し、シャルル(ルクレール)はフェラーリでの初年度に(セバスチャン)ベッテルと互角の戦いをしている」

「もちろん、僕は自分ことを本当に信じている。でも、もし機会があっって、メルセデスで最初のレースでルイスを倒すことができると考えるのは愚かなことだ。私の意見では、彼はグリッド上のベストドライバーだ」

「でも、僕はその可能性はあると感じている。毎年、常にすべてのレースで学んでいる。機会が来たら、両手でそれをつかみ取り、可能な限り素早く学び、何度からレースをしれば、結果を出す準備はできていると確信している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジョージ・ラッセル / ウィリアムズ