ジョージ・ラッセルの2021年01月のF1情報を一覧表示します。

ジョージ・ラッセル 「2022年のメルセデスF1のシートは保証されていない」

2021年1月20日
ジョージ・ラッセル 「2022年のメルセデスF1のシートは保証されていない」
ジョージ・ラッセルは、メルセデスF1から2022年のF1シートを確保するための具体的な目標は与えられていないと述べ、将来については何も保証されていないと主張する。

22歳のジョージ・ラッセルは、ウィリアムズF1との3年間の“ローン期間”が終了した後、2022年にメルセデスのF1シートに収まると広く期待されている。

ルイス・ハミルトン 「ジョージ・ラッセルはF1チャンピオンになれる」

2021年1月12日
ルイス・ハミルトン 「ジョージ・ラッセルはF1チャンピオンになれる」
7回のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンは、ジョージ・ラッセルのF1での最初に2年間に感銘を受けており、将来、F1ワールドチャンピオンになる可能性があると信じていると語る。

2018年のF2チャンピオンであるジョージ・ラッセルは、メルセデスのドライバー育成プログラムの一員であり、2019年にウィリアムズでF1デビューを果たして以来、印象的なパフォーマンスを示している。

「ラッセルの活躍はハミルトンの交渉にとって最悪のタイミング」

2021年1月6日
「ラッセルの活躍はハミルトンの交渉にとって最悪のタイミング」と元F1ドライバー
元F1ドライバーのマーク・ウェバーは、F1サヒールGPで代役を務めたジョージ・ラッセルの活躍は、メルセデスF1と新たな契約を交渉しているルイス・ハミルトンにとって最悪のタイミングだったと考えている。

7回のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンは、昨年末でメルセデスF1との契約が満了しており、現時点ではまだ今季以降の契約延長について合意に至っていない。

レッドブルF1首脳 「ジョージ・ラッセルが候補に挙がったことはない」

2021年1月2日
レッドブルF1首脳 「ジョージ・ラッセルが候補に挙がったことはない」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーは、2021年のアレクサンダー・アルボンの後任としてジョージ・ラッセルが候補者に挙がったことは一度もなかったと語った。

レッドブルは、アレクサンダー・アルボンが期待したパフォーマンスを提供できなかったことで、自社のドライバーのプール外に目を向け、最終的にセルジオ・ペレスが2021年のレッドブル・ホンダF1のドライバーに抜擢された。
«Prev || 1 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム