ルイス・ハミルトン 「ジョージ・ラッセルはF1チャンピオンになれる」
7回のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンは、ジョージ・ラッセルのF1での最初に2年間に感銘を受けており、将来、F1ワールドチャンピオンになる可能性があると信じていると語る。

2018年のF2チャンピオンであるジョージ・ラッセルは、メルセデスのドライバー育成プログラムの一員であり、2019年にウィリアムズでF1デビューを果たして以来、印象的なパフォーマンスを示している。

ウィリアムズのF1マシンは競争力がなく、グリッド後方での戦いを強いられているジョージ・ラッセルだが、特に予選ラップでは注目を集めている。

また、昨年のF1サヒールGPでは、新型コロナウイルスに感染したルイス・ハミルトンの代役としてメルセデスから出場し、予選では2番グリッドを獲得。決勝でもスタートでバルテリ・ボッタスを抜いてレースの前半をリードした。

最終的にメルセデスのピットストップでのミスとパンクによってF1初ポイントとなる9位でフィニッシュしたジョージ・ラッセルだが、そのスピードは明らかにルイス・ハミルトンの目に留まった。

「ラッセルはF1の未来であり、彼はワールドチャンピオンになることができると信じている」とルイス・ハミルトンは語った。

「今年は、彼がドライビングを管理した方法、ウィリアムズと成し遂げたこと、彼らをQ2に頻繁に入れたという点で、素晴らしい年だった」

「彼は素晴らしい結果を達成した。彼のレースを管理する能力と、過去2年間で彼がどのように成長してきたかには感銘を受けた」

「ある意味、彼がしたことは、アロンソがF1で初期に成し遂げたことに似ている。多くの才能のあるドライバーは、成長し、改善し、ミスを犯す機会を得るために、より小さなチームから始めなければならない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / ウィリアムズ / メルセデス / ジョージ・ラッセル