ジョージ・ラッセルの2020年11月のF1情報を一覧表示します。

ジョージ・ラッセル、PUエレメント交換で20グリッド降格ペナルティ

2020年11月14日
ジョージ・ラッセル、PUエレメント交換で20グリッド降格ペナルティ / ウィリアムズ F1トルコGP
ウィリアムズF1のジョージ・ラッセルは、F1トルコGPに向けて年間使用基数を超えたパワーユニットエレメントを投入したことで、グリッド降格ペナルティを受け、最後列からのスタートがほぼ確定した。

ジョージ・ラッセルは、今週末のF1トルコGPに向けて、4基目の内燃エンジン(ICE)、ターボチャージャー、MGU-Hを投入。いずれも年間使用基数である3基を超過したことで20グリッド降格ペナルティを受けることになった。今季エンジンペナルティによって降格するドライバーはラッセルが初めてとなる。

ジョージ・ラッセル 「ウィリアムズF1のシート喪失の噂は心配だった」

2020年11月10日
ジョージ・ラッセル 「ウィリアムズF1のシート喪失の噂は心配だった」
ジョージ・ラッセルは、ウィリアムズF1が今シーズン限りで自分との契約を終了し、2021年に傍観する可能性があるとの噂話を不安に感じていたと認める。

将来のスター候補の才能と見なされているジョージ・ラッセルだが、ドリルトン・キャピタルがウィリアムズF1を買収して新たなオーナーになったことでシートが脅威にされされているとの噂が広まった。

ロマン・グロージャン 「ラッセルだけがF1シート喪失発表後に連絡をくれた」

2020年11月10日
ロマン・グロージャン 「ラッセルだけがF1シート喪失発表後に連絡をくれた」
ロマン・グロージャンは、ハースF1が今シーズン限りでの放出を発表した後、ジョージ・ラッセルがメッセージをくれた唯一のドライバーだったと明かした。

ハースF1は、ロマン・グロージャンとケビン・マグヌッセンを今シーズン限りで放出することを発表。二人のF1キャリアは今年で終止符を打たれる可能性が高い。

フェルナンド・アロンソが名前を挙げた注目の若手F1ドライバーは?

2020年11月9日
フェルナンド・アロンソが名前を挙げた注目の若手F1ドライバーは?
2回のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソは、特に感銘を受けた若手ドライバーを1人選んだ。

2005年と2006年にルノーとともにF1ワールドチャンピオンを獲得したフェルナンド・アロンソは、2018年末でF1から離れた。しかし、2021年にアルピーヌF1へと名前を変える古巣ルノーでF1復帰を果たすことが決定している。

失意のジョージ・ラッセルをハミルトンとグロージャンらが激励

2020年11月3日
失意のジョージ・ラッセルをハミルトンとグロージャンらが激励 / F1エミリア・ロマーニャGP
F1エミリア・ロマーニャGPでのクラッシュで落ち込むウィリアムズF1のジョージ・ラッセルを、先輩ドライバーのルイス・ハミルトンとロマン・グロージャンが激励した。

ジョージ・ラッセルは、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)のタイヤバーストによって導入されたセーフティカー中に10番手を走行していたが、ターン10の先でコントロールを失ってウオールに単独クラッシュを喫した。
«Prev || 1 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム