フェルナンド・アロンソが名前を挙げた注目の若手F1ドライバーは?
2回のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソは、特に感銘を受けた若手ドライバーを1人選んだ。

2005年と2006年にルノーとともにF1ワールドチャンピオンを獲得したフェルナンド・アロンソは、2018年末でF1から離れた。しかし、2021年にアルピーヌF1へと名前を変える古巣ルノーでF1復帰を果たすことが決定している。

先週のF1エミリア・ロマーニャGPに先立って、どの若手ドライバーに注目しているかと質問されたフェルナンド・アロンソは、迷わず1人のドライバーの名前を挙げた。

「現在、F1には非常に才能のあるドライバーがいると思う」とフェルナンド・アロンソはコメント。

「彼ら全員が非常に素晴らしい準備を整えている。パフォーマンスと才能を構築するドライバーアカデミーがあり、非常に若い頃から彼らを助けている。そして今、彼らはしっかり仕事をしている」

「彼ら全員のなかでも、ジョージ・ラッセルは毎週末僕を驚かせている。ウィリアムズでのドライビング、ミスがゼロであること、彼の天性のスピードに本当に驚いている。だから、1人の名前を挙げなければならないとしたら、ラッセルが僕の選択になるだろう」

この会話は、F1エミリア・ロマーニャGPの決勝でセーフティカー中にジョージ・ラッセルがクラッシュする前に語られたものだが、F1デビューを果たして以来、ラッセルはロバート・クビサ、ニコラス・ラテフィに対して予選で無敗記録を続けている。だが、まだポイントフィニッシュだけは成し遂げることができていない。

今週、フェルナンド・アロンソは2021年のF1復帰の準備のためにバーレーンで2018年のルノーのF1マシンで186周を走り込んだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / ルノー / ジョージ・ラッセル