マックス・モズレー FIA会長
FIA会長のマックス・モズレーは、FOTA会長のルカ・ディ・モンテゼーモロから謝罪されることを期待しておらず、彼が他のメンバーから再選を迫られていることを明らかにした。

マックス・モズレーは、10月に辞任するより、むしろF1の自動車メーカーとの論争に必要なことへの準備を進めていると語る。

「彼らは私が葬られる前に墓場の前で踊るという間違いを犯した」とモズレーは語る。

「F1チームは、私がここに立っているときに、私が死んで葬られたと主張するという良くないPR機関を得たようだ。現在、私は世界中から再出馬するよう迫られている」

「実際は私はそれを望んではいない。私は少し年をとりすぎていると感じている」

「始めたとき、若いF1ドライバーの父親くらいの年齢だった。今は、祖父くらいの年齢だ。私は年をとっていると感じてはいないが、彼らにはとても年をとっていると見られるだろう。その点からも新しい誰かが必要なのは明らかだ」

「通常、私のように16年間も働けば、それは辞めるときだ。少し飽きてくるだろう」

「私は純粋に辞めることを望んでいる。しかし、例えばFOTAのような自動車産業と大きな論争になるのであれば、辞めないつもりだ。私はやらければならないことはなんでもするつもりだ。戦いから逃げるのは私の気質ではないからね」

FOTAの記者会見にモズレーは激怒した。モズレーは、“独裁者”とのレッテルを貼られ、会長職を強制的に辞めさせられたと感じている。また、モズレーはFOTA上層部がミシェル・ボエリが10月前にFIAのF1仕事を引き受けると提案したことにも腹を立てている。

「ルカが謝罪し、彼らの言動を撤回することはあまり期待していない。一方、モータースポーツ内で彼を誰も真剣に捕える人はいない。彼はイタリア人が呼ぶ“ベラ・フィギュラ”のように見える」

「彼はフィアットの会長だが、運営している重要な人物はセルジオ・マルキオンネだ。彼がルカにあまり注意を払っているとは思わない」

「ディ・モンテゼーモロが国際的な場に出れば、例えばこれを読んだイギリスの人々は、それを信じるだろう」

「FOTAがボエリが私の後任になるという極めてナンセンスがことを言っても、それを信じるだろう。我々がそれら全てを一旦眠らせて、我々が行った取引を思い出すなら、私は、我々が成し遂げた取引に満足するだろう。私はモナコのオフィスでFIAの問題に取り組んでいる。それは通常通りのことだ」

マックス・モズレーは、彼が独裁者のようにふるまっているとの提案を“ナンセンス”だと切り捨て、決定は世界モータースポーツ評議会でなされると説明した。また、会長職から身を引くことは個人的な決定であることを明らかにした。

「完全に嘘をつかれた。間違いなく腹立たしいことだし、私にとってだけではない」

「それはFIAのメンバーに対して、自動車産業が、誰が会長になって、会長が何をすべきかを頭ごなしに押しつけたとの印象を与えた。それが騒動を引き起こした。一年に一度、我々はFIAに所属する132カ国が何をすべきかを是認する全体的な議会を開く」

「もし誰かが不満を抱けば、彼らはそのように言うし、我々は投票を行う。私に命令する力はない。私には世界モータースポーツ評議会での決定を実行する力しかない」

マックス・モズレーは、ここ2年間の彼の人生が非常に困難だったことを認めた。しかし、彼の息子の死とセックススキャンダルのせいで、FIA会長を辞めるのではないと語る。

「ここ16カ月は困難だった」とモズレーは認める。

「完全に秘密にしていた人生の一部が、新聞の1面に載るのは恐ろしいことだ。それでも、息子の死が最も辛かったのは間違いない。それに比べれば、ルカとの小競り合いなど些細なことだ」

「しかし、自動車産業の人々に追いやられて、会長職を退くはことは望まない。その印象が完全に払いのけられなければ、クラブは私が再び出馬することを主張するだろう」

「なので、我々がその見解に行きつく前に、私はそれが払いのけられることを望んでいる。そして、誰か他の人間にこの全てを手渡す時がきても、悲しくはないだろう。安心するだろうね」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: FOTA | FIA