FOTA
FOTAは、メンバーが“必要性を再考した”結果、解散することになった。

FOTAは、F1チームがFIAやフォーミュラ・ワン・グループと交渉する際に団結した発言することを目的に2008年に設立された。だが、2011年12月には、レッドブル、フェラーリ、ザウバーが離脱し、FOTAの力は弱まってきていた。

先週、FOTAが“深刻”な財政問題を抱えており、新たな委任についての合意不足、マーティン・ウィットマーシュの不在など、崩壊寸前であることが報じられていた。

28日(金)、FOTA総務のオリバー・ワインガーデンは、Twitterで次のように報告した。

「F1における政治的、商業的な展望の変化に直面し、メンバーが必要性を再考した結果、FOTAは本日、解散したことをご報告する」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: FOTA