F1 予算制限 実施
FIAは声明を発表。FOTAとの会議が行われたが、解決策のための議論すらできなかったため、4,000万ポンドの予算キャップは計画通りに実施されるとした。

FIAとFOTAの財政代表は、両者が容認できる来年のレギュレーションで和解に達するため、月曜日にロンドンで会議を行った。

しかし、FOTAの代表者は、規約を議論する準備をしてこなかったと述べた上でFOTAの提案を却下し、予算制限を設けることを決定した。

FIA プレスリリース (2009年6月16日)

6月11日の会議で同意されたように、昨日FIAの財政専門家とFOTAの財政専門家とで会議が行われた。

残念ながら、FOTAの代表者はFIAの2010年財務規制を議論する権限がないと宣言した。実際、彼らは規約を議論する準備が全くできていなかった。

その結果、今回の会議では、共通の立場を見出すためにFIAの規約とFOTAの提案を比較するという目的を達成することができなかった。

適切な会話がない状態で、FOTAの財務提案が討議されたが、他チームより多くの支出が可能なリソースを持っているチームの支出を制限することができないことが明確になった。つまりさらなる支出拡大競争は不可避である。

したがって、FIA財務規約は公表された通りである。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / FOTA / FIA