メルセデスF1代表 「フォーミュラEとF1が合併することはない」
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、フォーミュラEとF1が近い将来“合併”に近づく可能性があるとの提案を軽視している。

フォーミュラEのボスであるアレハンドロ・アガクは、F1が完全にマシンを電化させる唯一の方法は合併だと語っている。アレハンドロ・アガクは、電気自動車レースのライセンスについて25年間の独占権を持っているからだ。

「我々のライセンスが終了した後にF1がFIAと契約を結んだとしても、それは遅すぎるだろう」とアレハンドロ・アガグは語った。

「我々は25年間の権利を持っていまるが、そのうち6年しか完了しておらず、残りは19年ある」

メルセデスはフォーミュラEにワークスチームを持っているが、トト・ヴォルフは中期的にシリーズにコミットすることさえしていない。

「我々はこのフォーマットを本当に楽しんでいる」とトト・ヴォルフは AutoBild に語った。

「我々は、F1とはまったく異なるターゲットグループと話をしている。しかし、最終的には商業的にも意味がある。現在、次世代の車両がどのようなものになるか、そして、メルセデスがフォーミュラEの将来のビジョンにおいてどのような役割を果たすことができるかについて話し合っている」

「最終的な決定はまだ下されていない」とトト・ヴォルフは主張する。

長期的には、トト・ヴォルフは、F1が最終的にフォーミュラEと合併する、または少なくとも同じイベントでレースをするという提案も軽視している。

「どちらの会社も最終的には同じ人物、ジョン・マローンに属している」とトト・ヴォルフは語った。

「これまでのところ、両方のプラットフォームを可能な限り最良の方法で配置することはできなかったが、ある日相乗効果が得られれば、レース週末、たとえばストリート・サーキットで一緒にドライブすることができるかもしれない」とトト・ヴォルフは語った。

「それは素晴らしいことだと思うが、それはすべての利害関係者の承認を必要とする。我々が知っているように、それはモータースポーツでは容易ではない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フォーミュラE / メルセデス