F1 フォースインディア シンガポールGP
フォースインディアのチームプリンシパルを務めるオトマー・サフナウアーは、F1シンガポールGPでの同士討ちを受け、今後、セルジオ・ペレスとエステバン・オコンのチームメイト同士のバトルを禁止することを明らかにした。

F1シンガポールGPのオープニングラップのターン3でセルジオ・ペレスとエステバン・オコンが接触。オコンはウォールにクラッシュしてリタイアとなり、このインシデントでレースにはセーフティカーが導入された。

昨年、二人は複数にわたって同士討ちを演じており、チームメイト同士のバトルを禁止されていた。

「非常に残念なレースだった」とオトマー・サフナウアーはコメント。

「チームメイト同士が衝突するなど容認できることではないし、大きな犠牲を生んだ。彼らはお互いに十分なスペースを残していなかったし、接触によってエステバンはウォールに追いやられた」

「したがって、我々は昨年に同じような事故が起こった後に運用した交戦規則を復活させることにする。つまり、彼らはお互いにレースをすることはできない」

「この悲劇的なレースは、予選で示したスピードと我々を通り過ぎて行ったチャンスを考えれば、フラストレーションを通り越している」

「このような痛みを伴うこともレースの一部であり、クルマのペース以外では今夜から得られるポジティブなことはほとんどなかったと言っていも過言ではない」

「我々は非公開で議論を行い、チームとしてもっと強くなれるように起こったことから学んでいく」

セルジオ・ペレスは、今回の同士討ちをチームに謝罪している。

「1周目のターン3を立ちあがってパワーをかけたときに突然ヒットしたと感じた。誰だったのかはわからなかったし、あとでチームからそれはエステバンだと伝えられた。チームにとても申し訳なく感じている。僕たちは全てのレースで本当にポイントを獲得する必要があるし、僕たちにとって素晴らしい一日になるはずだった」とセルジオ・ペレスはコメント。

「忘れたい週末だし、起こったこと、そして、今日僕たちが失ったポイントについて本当に申し訳なく思っている」

関連:【動画】 F1 シンガポールGP 決勝 ハイライト

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フォース・インディア | F1シンガポールGP