F1スプリント、2023年からは6回に増加 FIAが正式承認
F1は、2023年に「スプリント」レースを6回に拡大する。FIA(国際自動車連盟)の世界モータースポーツ評議会で承認された。

F1は、2021年に3つのグランプリで「スプリント予選」をトライアルし、従来の週末形式に劇的な変化をもたらした。通常のノックアウト予選セッションは金曜日に開催され、土曜日のための短いレースのスターティンググリッドが設定される。スプリントの結果は、引き続き日曜日に開催されるメイングランプリのグリッドを決定する。

2022年にはポールポジションの称号は金曜日の「予選」の最速ドライバーに与えられ、土曜日のレースは「スプリント」に名前を変え、ポイントスコア方式も改訂。2021年のトップ3ではなくトップ8に恩恵をもたらすよう変更された。イモラ、レッドブル・リンク、サンパウロで3回のスプリントウィークエンドが行われる。

2023年のF1史上最多の24レースのカレンダーでは、6回のスピプリントが組み込またことで、2023年にはさらに多くのポイントを獲得できるようになる。

F1のCEOを務めるステファノ・ドメニカリは「2021年に初めて導入された新しいフォーマットの成功に基づいて、2023年から6つのスプリントがチャンピオンシップの一部になることを発表できることを嬉しく思う」と語った。

「スプリントは、金曜日のスタートから日曜日のメインイベントまで、ドライバー全員が何かを求めて戦う3日間のアクションを提供し、週末にドラマと興奮を追加する」

「ファン、チーム、プロモーター、パートナーからのフィードバックは非常に好意的であり、このフォーマットはF1に新たな次元を追加している。将来の成功を確実にしたいと考えている」

F1は、改訂された週末フォーマットをホストするサーキットは「後ほど」発表するとしている。

FIA会長のモハメド・ビン・スライエムは「2023年のF1世界選手権シーズン以降、スプリントをフィーチャーした6つのレース週末が開催されることが発表されたことは、モータースポーツの最高レベルでの継続的な成長と繁栄のもう1つの例だ」とコメント。

「ステファノ・ドメニカリとFOMの同僚との緊密な協力のおかげで、追加のスプリントセッションの影響に関する徹底的な分析を完了し、作業の関連パラメーターを調整して、それらが引き続き最高レベルで規制されるようにした」

「スプリントセッションは、レースウィークエンド形式にエキサイティングなダイナミクスを提供し、過去2シーズンにわたって人気があることが証明されている.この前向きな傾向が続くと確信しており、世界モータースポーツ評議会が本日、それらを進めることに承認を与えたことを嬉しく思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / FIA