FIA会長、F1の“競技水準”を議論する会議を招集
FIA(国際自動車連盟)のモハメド・ビン・スライエム会長は、F1の“競技水準”について話し合う会議を招集した。F1イタリアGP後の月曜日に関係者が集まる。

FIAによると、モハメド・ビン・スライエムは、スポーツの将来の方向性を形作ることを目的として、「多くのF1ドライバー」と話し合ったサミットを招集した。

そのサミットはF1イタリアGPの前に開催されたが、トラックリミットやスチュワーディングなどのトピックなどとともに、拍子抜けしたセーフティカーの後ろでフィニッシュしたレースの終わりについても議論されると考えられている。

「FIAのモハメド・ビン・スライエム会長は、2022年F1イタリアGPに続く月曜日にレース関係者とF1チームマネージャーとの会合を招集し、さまざまなスポーツの問題について話し合う」とFIAのメモは日曜日に確認した。

「FIA会長と多くのF1ドライバーの間でモンツァで開催された個別の会議に続くものだ」

「この種の会議は2013年以来初めてであり、ドライバー、チーム、スチュワード、役員を協力して集め、競技水準を改善するという会長の継続的なミッションの一部だ」

「さらにFIAは、トラックサイドの運営とその高度なデータ技術能力をサポートするリモートオペレーションセンター(ROC)などのイニシアチブへの投資を続けている。ROC活動の例は、会議で共有される。ROC は、FIA が競技の側面と将来の手順を改良および改善するために下された決定を徹底的に再生およびレビューするための追加のリソースを提供する。規制力はなく、過去の決定を再評価したり変更したりするために使用することはできない」

「この会議は、FIA会長の指導の下、スポーツの将来の方向性を形作り続ける一連の協議の一部となるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / FIA