F1:2023年F1カレンダー暫定版が流出 史上最多の24レース
2023年シーズンのF1カレンダーの暫定版は準備ができていると言われており、承認のためにFIA世界モータースポーツ評議会に送られている。

2022年のF1世界選手権は史上最多の24レースが予定さえており、シーズンはバーレーンで始まり、サウジアラビア、オーストラリア、そして (おそらく) 中国に移動する。ただし、中国国内のCOVID-19の状況を考えると、依然として大きな不確実性がある。

F1-Insider.comが公表したリークによると、予想通り、フランスと南アフリカのグランプリが欠落している。さらに、いくつかの小さな変更がある。バクーでのレースが前倒しされ、オースティン、メキシコ、ブラジルでのレースがトリプルヘッダーに統合された。また、オランダGPの新しい日付に加えて、 2023年7月23日に予定されているベルギーGPに関するレポートも正しいようだ。

2023年 F1カレンダー 暫定版
3月5 日:バーレーン
3月19日:サウジアラビア
4月2 日:オーストラリア
4月16日:中国
4月30日:アゼルバイジャン
5月7 日:アメリカ(マイアミ)
5月21日:イタリア(イモラ)
5月28日:モナコ
6月4 日:スペイン
6月18日:カナダ
7月2 日:オーストリア
7月9 日:イングランド
7月23日:ベルギー
7月30日:ハンガリー
8月27日:オランダ
9月3 日:イタリア(モンツァ)
9月17日:シンガポール
9月24日:日本
10月8日:カタール
10月22日:アメリカ(オースティン)
10月29日:メキシコ
11月5 日:ブラジル
11月18日:アメリカ(ラスベガス)
11月26日:アブダビ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / FIA