FIA会長、反発を受けて「今のF1ドライバーは政治的すぎる」発言を撤回
FIA会長のモハメド・ビン・スライエムは、F1ドライバーが政治的になりすぎていることを示唆した後、ソーシャルメディアで反発を受け、その発言を撤回した。

最近、モハメド・ビン・スライエムは「政治家になること」はモーターレースに関連する人々の役割でないとし、純粋主義者だったアラン・プロストやニキ・ラウダのようなF1ドライバーとは対照的だとSpeed Weekに語っていた。

現在、セバスチャン・ベッテルは「環境保護と性的指向への耐性に取り組んでいる」が、ルイス・ハミルトンは「人種差別と戦っている」とモハメド・ビン・スライエムは語った。

「ランド・ノリスはメンタルヘルスの厄介な問題に取り組んでいる」

「これはすべて、取り組む必要のある多くの問題を抱えて、我々の世界がいかに多様化したかを証明するものだ」

「しかし、それは自分の世界観を他人に押し付けず、それをスポーツよりも優先させないことも重要だ。私はイスラム教徒だが、自分の文化を他の人に強制することはあるだろうか? 決してない」

しかし、ソーシャルメディアの反発を受けて、モハメド・ビン・スライエムはTwitterを使用して自身のコメントを明確にした。

「ドライバーとして、私は常にスポーツを社会の進歩の触媒として信じてきた」とこれまでで最も成功したアラビア人ラリードライバーの一人である60歳のモハメド・ビン・スライエムは投稿した。

「それが、持続可能性、多様性、包括性を促進することが私の使命の重要な優先事項である理由だ」

「同じように、私はより良い未来のためにすべてのドライバーとチャンピオンのコミットメントを大切にしている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / FIA / F1ドライバー