F1:2021年から金曜フリー走行を60分間に短縮
F1は、2021年のF1世界選手権から金曜日のフリー走行を60分間に短縮する。

グランプリ週末の初日の走行は伝統的に90分間のフリープラクティスが2回で構成されていた。FIA(国際自動車連盟)とF1は変更を発表していないが、暫定競技規則の32.1条では次のように述べられている。

「イベントの2日目(金曜日)に、それぞれ1時間、少なくとも2時間半離れた2回のフリープラクティスセッション(P1とP2)が行われる」

土曜日の時間は変わらず、60分のプラクティスセッションで走行を開始し、午後に予選が行われる。

この変更は、史上最多の23戦で構成される予定の2021年のF1世界選手権で、F1チームの財政的および実際的な負担をわずかに軽減することを目的としている可能性がある。

しかし、F1は、今年のイモラで行われたような、2日間のレース週末の実装を検討していると伝えられている。このフォーマットでは金曜日の走行は行わず、F1チームは予選に先立って土曜日に1回のプラクティスセッションのみを行う。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / FIA